ウィンザー城 パズル

大人も子供も楽しめるユニークなジグゾーパズル。

ユニークなカットで、わずか40ピースでも十分楽しめるイギリスで人気のジグゾーパズル。

ジグゾーパズルを組立てる際には、まず角の4つを探して、直線を繋ぎ、というのがセオリー。このセオリーが通じず、ちょっと頭を悩ませるのが、イギリスのパズルブランド「ウェントワース」のジグゾーパズル。

このウェントワースのジグゾーパズルは、パズル界では最先端とされるレーザー技術を使って製作されおり、角が角と判らないようにカットされているのが大きな特徴。

これによって、たった40ピースのパズルでも少しだけハードルが高くやり応えも満点。最初の出だしからいつもと違うパズルの組み立てになるため、お子様から大人の方まで幅広い年代の方に楽しんでいただけます。

また、ウェントワースのパズルは、完成させるというパズル本来の楽しみ方のほかにも、パズルのピースそのものにもこだわりを持って制作されており、それが、木製であること。さらに、ピースの中に完成デザインに関連した形にカットされているピースが混じっていたりします。

特に、木製であることは、ジグゾーパズルは当初、木の板を糸鋸(いとのこ)でカットして作られたのが始まりといわれており、ジグゾーパズル発祥の時代に想いを馳せることもできます。

パズルに触れることで感じる木の温もり、ピースを選ぶ際にユニークな形を発見できる、などもウェントワースのパズルが人気の理由にもなっています。

ウェントワース 木製ジグゾーパズル のご購入はこちらから>>

イギリスではウィンザー城やセントポール大聖堂、フランスではヴェルサイユ宮殿、ルーブル美術館でも販売されており、人気の高さがうかがえます。

イギリスに本社を置くウェントワースは、そのユニークさやコンセプト、またパズルそのもののクオリティからイギリス国内での販売店は400を超え、さらに国内にとどまらずフランスなどヨーロッパ各地やアメリカなどにもその販売網を広げています。

百貨店や書店、雑貨店、玩具店など通常の販売のほか、ウィンザー城やヴェルサイユ宮殿など各国を代表する文化・観光施設などでも販売されていることからも、その人気の高さがうかがえます。

このウェントワースのパズル、現在では日本でも様々な種類・デザインが販売されていいますが、ここのところ人気なのが「ピーターラビット」のデザイン。

同じくイギリスで生まれたピーターラビット。そのやさしいデザインで世界中の人たちを魅了していますが、ピーターラビットのデザインに、ウェントワースの木製パズルはぴったり。

お子様に遊びながらも木の温もりを感じ、頭を悩ませながらパズルを組立てる、そんな素敵な時間をお過ごしください。

ウェントワース社 ピーターラビット 木製ジグゾーパズル
・商品種別 ジグゾーパズル
・ピース数 40ピース
・完成サイズ 125×87mm(厚さ3mm)
・パッケージサイズ 85×85×25mm
・素材 木材(medite社製MDF 中密度繊維版)
・生産 イギリス

デザインは3種類
・ピーターとその仲間たち(Peter Rabbit and Friends)/ピーターとイースター(Peter Rabbit Burrow at Easter)/ピーターと野菜畑(Vegetable Garden)

ウェントワース 木製ジグゾーパズル のご購入はこちらから>>

人気の記事

  1. ハンディユキダスタウン(コロンブス)
  2. 3D時計 マニフォールドクロック
  3. デリケートゾーン専用ソープ
  4. ClickPack Pro(Korin Design)
  5. ハイローズ ホームベーカリー(廣瀬無線電機)

アーカイブ

PAGE TOP