フレッシュマックスが日刊SPA!で紹介されました。

日刊SPA!で「汗ジミ」を防ぐアイテムとして紹介されました。

汗ジミを防ぐアイテムとしてフレッシュマックスシャツの実際に着用しての体験談が紹介されています。

扶桑社さんが運営しているオンラインサイト「日刊SPA!」。扶桑社さんといえば話題の書籍や雑誌を発行されていることはもちろん、インターネットメディアとして「日刊SPA!」では、ニュース・円為・雑学など世の中の様々な出来事や話題の商品を試した感想など、豊富なコンテンツが楽しめるサイトを運営されています。

その中で、8月26日付の雑学ニュースのコーナーで、弊社取扱い商品のフレッシュマックスシャツの体験・紹介記事が掲載されています。

タイトルは「恥ずかしい『汗ジミ』を防ぐアイテムを試してみた」。

内容は、ボクシングのトレーナーにフレッシュマックスシャツを着用して、2ラウンドをこなした結果は・・・というもの。他の2種のシャツとの比較写真も掲載されています。

日刊SPA!「恥ずかしい『汗ジミ』を防ぐアイテムを試してみた」はこちらから>>

汗が染みないように特殊に織り込まれた生地を使用。だから、シャツ全体に汗が染みません。

日本では発売3年目に入り、着実にその愛用者を増やしているのがフレッシュマックスシャツ。

このフレッシュマックスシャツの特徴は、なんといっても生地そのものがすでに汗を染みさせないように作られています。

仕上がったワイシャツに防水加工や撥水加工を施したり、部分的なパッドを付けたりするものとは異なるために、汗が染みない範囲が部分的なものではなく、全体に及びます。

ですので、腋汗だけではなく、お腹周り、首回り、背中と汗っかきの方に非常におすすめできるワイシャツです。

さらに驚くのはこれがすべて綿でできていること。綿100%。これによって肌になじむようにサラッとしており、ワイシャツ選びに大切な着心地そのものも楽しめます。

ただ、残念ながら形状記憶ではなく、パリッとした状態で着用するにはアイロン必須。ですが、汗ジミを作らないという機能性では他の類似商品とその性質も機能も段違い。

ここ数か月は半袖着用だった方も長袖に戻る時期でもあり、ワイシャツの新調時期でもあります。汗ジミに悩んでおられるなら、ぜひフレッシュマックスシャツ、お試しください。



人気の記事

  1. マングルーマー 電動バックシェーバー(KTM)
  2. リストバンド型メモ用紙。「リストイットタフ(ハイモジモジ) 80枚入り。
  3. プラフレンド
  4. アンダーフューズ
  5. 捨てるはずのサーフボードをアート作品に。

アーカイブ

PAGE TOP