シーズニングソース レシピ

シーズニングソースを使った簡単レシピ。

超簡単だけど美味しい!シーズニングソースの旨みとコクがしゃっきりレタスによく合うおすすめレシピ。

シーズニングソースを使った簡単レシピ。レタスがモリモリ食べられる「丸ごとレタスのシーズニングソースがけ」。

用意するのはシーズニングソース、オイスターソース、砂糖、鶏ガラスープとレタスだけ。レタスのシャキッとした感じを残すように軽く湯通し。調味料をすべて混ぜ合わせて水気を切ったレタスにかけるだけ。

食卓の真ん中においてみんなでつつくように食べてもよいし、取り分けてもよいし。味も見た目も楽しめるメニューです。

「丸ごとレタスのシーズニングソースがけ」の材料と作り方。
●材料(2~3人前)
・レタス 1個
・青山シャンウェイ シーズニングソース 大さじ2
・オイスターソース 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・鶏がらスープ 大さじ2
※鶏がらスープは市販の顆粒状のものをお湯に溶いておく。塩の入っていないものがおすすめです。

●作り方
1.レタスは一番外側の固い部分を除き、よく洗います。
2.大きめの鍋に湯を沸かし、沸騰したらレタスを丸ごと入れます。
3.鍋の中でレタスが浮いてくるので、お玉などでお湯をかけるなど、万遍なく熱が通るようにする。
4.ボールにレタス以外の調味料を入れよく混ぜておく。
5.レタスにシャキシャキ感が残る程度に熱が通ったら、ザルにあげて水気を切る。
6.器にレタスを盛り、4のソースをかけて出来上がり。

青山シャンウェイ シーズニングソース>>

醤油のようで醤油ではない、かといって東南アジア独特のクセもない日本人好みの万能調味料「シーズニングソース」。

タイなど東南アジアではポピュラーな調味料がシーズニングソース。元々は大豆から作られているもので、独特の旨みや料理にコクを出すことで炒めものや料理の下味などに使われています。

あえて言うなら醤油のようで醤油ではない、かといって東南アジア特有のクセがあるわけでもない、日本人好みの調味料。焼きそば、炒めもの、チャーハンなど東南アジア系・中華系の料理であれば、これ1本で料理の幅がグンと広がります。

このシーズニングソース、一昔前は知る人ぞ知るとされた調味料ですが、最近ではテレビの料理番組でも使用されることが多くなり、プロの料理人の方々はもちろん、一般のご家庭でも使用されるようになっています。

青山シャンウェイ シーズニングソース>>

青山シャンウェイのオーナーシェフがさらに日本人の嗜好に合うようにアレンジしたのが「青山シャンウェイ シーズニングソース」。

このシーズニングソース、元々はやはりタイなどからの輸入品が多く出回っているようですが、これをさらに日本人向けにアレンジして発売されているのが、青山シャンウェイのシーズニングソース。

青山シャンウェイといえば、「寺門ジモンの常連めし」「孤独のグルメ」など食通の方が好む番組などで紹介された経歴を持つ知る人ぞ知るお店。神宮前・外苑西通り沿いにあるお店は毎晩満席の人気店です。

この青山シャンウェイのオーナーシェフである佐々木孝昌氏が、より日本人向けにアレンジして商品化したのが「青山シャンウェイブランドで発売されているシーズニングソース。

もちろんお店の人気メニューなどにも用いられており、お食事中に料理談義に花を咲かせたお客さまの中にはこのシーズニングソースを購入されて帰る方も多いとか。

クセがないので肉や魚、野菜など素材を選ばず、また、炒めもの、蒸し物など調理法も問わずに使えるところが魅力的な、まさに万能調味料。1本あれば重宝するシーズニングソース、おすすめです。

●商品名 青山シャンウェイ シーズニングソース
●内容量 500ml
●原材料 たん白加水分解物・食塩・砂糖・醸造酢・米黒酢・調味料(アミノ酸等)・酒精・カラメル色素・調味料、(原材料の一部に大豆を含む)
●賞味期限 本体ボトルに記載
●保存方法 直射日光を避け常温で保管してください。

青山シャンウェイ シーズニングソース>>

人気の記事

  1. 汗をかいてもワイシャツのシミが気にならない。
  2. 犬の毛、猫の毛用の掃除道具、ketori
  3. エタノールフリー サンナホルWMローション
  4. 格安家事代行サービス カジスルー
  5. 液晶画面 ガラスコーティング

アーカイブ

PAGE TOP