ティファール アクティフライ

もはやフライヤーとはいえないほどの油の量で唐揚げが作れる「フライヤー」。

鶏から出る油だけで唐揚げが作れるというから驚き。

夕食のおかずやお弁当のおかずに、どこのご家庭でも人気ベスト3に入るのが「鶏の唐揚げ」。お子様から大人まで大人気のメニュー。

この鶏の唐揚げ、みんなが喜ぶ人気のメニューなので、食卓に登場する頻度も当然高くなります。すると、気になるのは油の摂取量。

成長途上のこども達はまだよいとして、お腹周りが気になるお父さんたちにとっては気をつけたいところ。お酒のおつまみにもなるし、おかずとしてはご飯が異常なほどに進むので、いかにも悩ましいところ。

そんなお父さんたちがカロリーや脂質を気にすることなく食べられるよう工夫されたダイエットレシピなるものが、書籍やネットに溢れていますが、グリルで焼いたり、オーブンで焼いたりする唐揚げは、本物の唐揚げと比べるとやはり物足りない。

油の摂取量を抑えつつ、でも美味しい本物の唐揚げが食べられないのか?というのがお父さんたちの本音。

とはいえ、んな上手い話があるわけないといいたいところですが、実はあるんです。ティファール(T-fal)から発売されているアクティフライという調理器具を使えば、これができてしまうんです。

従来のフライヤーに比べて油の使用量を99%。ってことは、ほとんど油いらないじゃん、ということになりますが、そうなんです。鶏の唐揚げは鶏肉から出る油だけで作れちゃうんです。

秘密は、熱い風で食材に火を通す「熱風調理」。20分で唐揚げが完成。

なぜ、油を使わずに唐揚げができるのか。その秘密は熱風調理にあります。

通常ならば、ガスや電気を使って鍋を温めることによって油に熱が入り、それが食材へと伝わります。一方でこのアクティフライは、熱風を使って食材に熱を通すので、熱伝道の主体となる油がいらないという仕組み。しかも、アクティフライの鍋は自動でグルグルと回るように設計されており、この撹拌技術には特許技術が採用されています。

熱風調理、聞き慣れない調理法ですが、要は、自動で撹拌しながら熱い風を当てて調理するというものです。

しかも、このアクティフライ、基本的には鍋に入れたら後は勝手に調理してくれるので、調理の手間もかかりません。

唐揚げであれば、下味をつけた鶏肉に小麦粉(片栗粉)まぶしたものをスイッチを入れるだけ。20分ほどで唐揚げが完成してしまいます。

作る側にとっても揚げ物の面倒くささを解消。

油を使わないことでカロリーや脂質を抑えつつも美味しい唐揚げが作れるアクティフライですが、実はメリットがもう一つ。それが、作る側にとっての揚げ物の面倒くささが解消できること。

作る側からしてみれば、鍋を使って揚げるにしても、一般的なフライヤーを使って揚げるにしても、調理時の暑さ、油の跳、終わった後の油の処理、これらは結構面倒くさいもの。

このアクティフライを使えば、暑くもないし、油も跳ねないし、そもそも油を使っていないので処理の必要もありません。揚げ物が面倒くさくなくなります。

揚げる、のほか、煮込む、炒めるもできる万能フライヤー。

これまで、油を使わずに揚げ物ができる、という「揚げ物」の話をしてきましたが、実はこのアクティフライ、熱風+撹拌という調理であるため、揚げ物以外の調理にも使えます。

煮込み料理、炒め料理、さらに鍋の深さも十分にとってあるので、汁物やスープものも調理可能。これらも材料を入れて後はスイッチを押すだけの簡単調理。

調理法を問わずに使えて、仕上がりも美味しいと評判を呼び、すでに世界で700万台以上の販売実績があるようです。
ご購入時にはアクティフライを使ったレシピ集なども付属されているので、まずはそれに挑戦。慣れたらオリジナルの料理に挑戦、というのも楽しいかもしれません。

※ティファール アクティフライ
・品番 FZ205088
・定格電圧 100V AC
・定格消費電力 1150W
・定格周波数 50/60Hz
・製品サイズ 幅 270mm × 奥行 400mm × 高さ 250mm
・本体質量 約3700g
・コードの長さ 約1.4m
・タイマー 1分〜45分
・付属品 オリジナルレシピブック(31種類)、オイルスプレー
・生産国 フランス

ティファール アクティフライ油を使わずに揚げ物ができるほか、炒める・煮るもできる万能フライヤー「ティファール アクティフライ」
楽天市場で見る>>
Yahoo!ショッピングで見る>>
Amazonで見る>>

人気の記事

  1. 自宅でも使える、自立式ハンモック(TOYMOCK)
  2. 純国産お米のつみき 白米色(ピープル)
  3. サンナホル WMローション
  4. 夏でも困らないサーフワックス
  5. 京都の料亭の料理人が作った粉醤油。

アーカイブ

PAGE TOP