サーモス マイボトル洗浄器 APA-800

水筒の中の頑固な汚れを落とす、画期的な洗浄機。

マイボトル、という言葉が一般的になるほど、水筒持参は当たり前の時代に。問題は、水筒の中の汚れが気になること。

職場や学校、スポーツをする際など、出先での飲み物。コンビニや自動販売機で毎日購入するとなると、積み重なる金額は月額・年額換算すると結構な額になります。

であるならば、水筒持参で少しでも節約、というのは今どきの流れ。量販店などでは様々な形態やデザインの水筒が所狭しと並んでいます。マイボトル、なんていう言葉が一般的になりつつあるのも時代の流れでしょうか。

この水筒ですが、最近ではステンレス製のものなどが主流。
ステンレス製のボトルであれば、出先でも温かい飲みのものは温かいまま、冷たい飲み物は冷たいまま飲めるというのがやはり大きなメリット。

一方で、マイボトルを持ち歩かない派の方にその理由を聞いてみると、「荷物になる」「ボトル内部を綺麗に洗えないなど、手入れが面倒」という答えが返ってきます。

まあ、確かに「荷物になる」というのは液体を持ち歩くことになるので、重いし荷物になるのはどうしようもありませんが、「ボトルを綺麗に洗う」という点に関しては、頑固な汚れも簡単に落とす画期的な洗浄機というものがありますが、ご存知ですか?

水筒の中の頑固な汚れをたった3分で落とす、マイボトル洗浄機。

ステンレス製に限らず、深さのある水筒を洗う際に使うのが食器洗いの用のスポンジ、水筒の中や奥まで届くように柄のついたものが販売されています。

この柄の付いたスポンジに食器用洗剤で洗うわけですが、多少の汚れは落ちても、茶渋などの黒ずんだりするものはなかなか落ちません。

漂白剤などを使ったとしても、漂白剤は元々ゆっくり時間をかけて汚れを落とす、というものなので、手早く洗うことができず、さらに、黒ずんだ汚れなどはなかなか落ちなかったりします。

これが、多くの方が「水筒の中まで綺麗に洗えない」と思う理由の一つになっています。

そこで、茶渋などの頑固な汚れを簡単に落とす洗浄機が、ちょっとした人気になっています。
それが、サーモス マイボトル洗浄機 APA-800、というもの。

家電メーカーや薬品メーカではなく、ステンレス製ボトルなど水筒分野でシェアの高いサーモスブランドが、開発・販売しているという点も、非常に心強いところです。

このサーモス マイボトル洗浄機は、酸素系漂白剤を使用、さらにボトル内部に電流を流すことで、ボトル側面と汚れの間に化学反応を起こし、こびりついた汚れを分解、浮かして取る、という画期的なもの。

洗浄開始から終了までに要する時間はわずか3分。これまで漂白剤に一晩浸けておいても大して落ちなかった汚れが、たった3分で驚くほど取れます。初めて使った後に出てくる黒ずんだ汚れ、その量に驚くほどです。

使い方も簡単。マイボトルに専用の漂白剤と水を入れてかき回し、電極棒・洗浄機をセットしてスイッチを入れるだけ。

毎日使うボトルでも、週一回程度、マイボトル洗浄機を使用すれば、茶渋などの頑固な汚れが残ることなく、いつでもピカピカの状態のボトルを使用することができます。

このマイボトル洗浄機、使用可能なボトルに多少制限はあるようですので購入時には要確認。いつでも気持ちよくマイボトルを使うためにも、ちょっとしたおすすめ商品です。

※商品名 サーモス マイボトル洗浄機 APA-800
・本体寸法 8×8×28cm
・本体重量 0.1kg
・計量スプーン・お試し用漂白剤付き
・材質 本体/ABS樹脂 電極棒/ステンレス鋼 キャップ/シリコーン 計量スプーン/ポリプロピレン
・漂白剤 液性/弱アルカリ性 成分/過炭酸ソーダ

※洗浄可能なボトル
・容量 800ml以下
・口径 7cm以下
・口元 金属のもの(プラスチックなどでおおわれていないモノ)

※洗浄できないボトル
・内面にフッ素やセラミックなどのコーティングがされているもの
・樹脂製のもの

人気の記事

  1. サーフボードに絵を描いたらクリア処理を忘れずに。
  2. パタット セイザ(SOLCION)
  3. 洗米器 DK-SA26 WA(象印)
  4. CCT冷感タオルからワンちゃん用シャツも発売中。
  5. アシストサーキュレータ

アーカイブ

PAGE TOP