書類をスキャンニング・データ化、すべておまかせ電子化パック

紙の書類を段ボールに入れて送れば、PDF化してくれる便利なサービス。

契約書・請求書・企画書など社内に溢れる紙の書類。PDF化したいけれど、人もいないし、時間もない。そんなときに便利なサービス「電子化おまかせパック」。

書類の電子化は、豊富な実績で安心のプロにおまかせ!

会社の日々の活動の中で毎日絶えず生まれてくるのが、紙の書類。契約書に企画書、稟議書、議事録に図面。数え上げたら本当にキリがないほど。

これらの書類、紙の山は想像以上に場所をとるもの。起業時には思いもつかなかったなんて声もあるほど。会社内に書庫や倉庫などの空きスペースがあれば、よけれどなかなかそんな場所がない。であるならば、文書は極力データ化しておきたいもの。

ところが、書類の山をデータ化するにはスキャンして、ファイル名を決めてと、これまた結構な手間と時間。しかも、ここに当てる人や時間なんなんてない、というのが実情。

そこで、注目されているサービスが、書類を電子化してくれるサービスが、株式会社オンリースタイルが提供している「電子化おまかせパック」

紙の書類を段ボールに入れて送れば、PDF化してくれる便利なサービス。

電子化したい書類を段ボールに入れて送るだけで、すべての書類をPDF化して返送してくれるという非常に便利なサービス。書類を入れる段ボールサイズによって価格が設定されているので、データ化する書類の量によって選択できるのが嬉しい点。

メリットは大きい。書類置き場の削減、データ化にかかる人件費の削減、さらに、デー化後の書類の見つけやすさ。

書類の電子化については、「単に邪魔だから」「スペースの確保」ということだけでも大きなメリット。加えて、スキャンニング、PDF化後のファイルの整理などにかかる人件費を削減できること、さらに、一番大きいともいえるのが、データ化することによって、書類を見つけやすくなる、ということ。

「あの時のあの書類、どこだっけ?」。紙の書類として綺麗にファイリングされていれば別ですが、そうではなく、しかもちょっと昔に遡ったりしたら、もう見つけるのも大変。1枚のなんてことはない書類を探し出すのにも数十分かかっている社長さんが目に浮かびます。

データ化し、さらにそのファイル名に社内ルールをつけておくことで、パソコンで一発検索。ものの数秒です。これらを、トータルで考えると、書類のデータ化、非常にメリットが大きいものです。

ただし、注意!文書として保存義務があるものは、データ化しても捨てないこと。

文書のデータ化にメリットの大きなのはわかった、さっそくはじめよう、というのはちょっと待った。なんでもかんでも、データ化してPDFとして保管しておけばよいものではありません。

文書によっては法律で文書のままの保存が義務付けられているものがあります。例えば、決算書類や帳簿などがそれに当たりますので、その点は注意するべき点です。

とはいえ、これらの文書もデータ化することで、検索性を高めたり、見つけやすくなるのは間違いないことなので、そこは利用する価値がありそうです。

段ボールにデータ化したい書類を入れて送るだけ「すべておまかせ電子化パック」
・価格 段ボールサイズによる(80・100・120・140・160・大判おまかせパック)
・データ化後の納品方法 ダウンロード版/DVD
書類の電子化は、豊富な実績で安心のプロにおまかせ!>>

人気の記事

  1. 電池がどれでもライト
  2. サンナホル WMローションお試しセット
  3. ウインブルドン2014公式グッズ
  4. iPhoneで操作できるLED電球 Tabu Lumen スマートLED電球(タブ) 

アーカイブ

PAGE TOP