「汚れ落とし」や「汚れ剥がし」にスクレイパー

大掃除に活躍しそうなアイテム、「汚れ落とし」や「汚れ剥がし」にスクレイパー。

シールや汚れ、ワックスなどを剥がすときの必需品、スクレイパー。傷をつけないようにポリカーボネート樹脂性のスクレイパー PeLaがおすすめ。

今年も残り1ヶ月となり時の流れの早さを実感します。年末に向けて、家庭や職場で年に一度の大掃除を計画している方も多いのでは。今回は、大掃除に活躍しそうなアイテム、スクレイパーのご紹介。

スクレイパーとは、簡単にいえばヘラ。壁などについた汚れを剥がしたり、そぎ落とす際に使うもの。

例えば、壁に着いてしまったシールやテープの跡、床に着いてしまったちょっとした汚れ、家の前の道路に捨てられたガムなどを綺麗に剥がすためのもの。

ホームセンターやDIY専門店などに行けば、様々な種類が販売されています。刃の部分が金属製のものが中心ですが、スクレイパーを選ぶ際のポイントとなるのは、モノを傷つけずに剥がせるかどうか。

気になる汚れを落とすためにスクレイパーを使用するわけですが、汚れが接着している元を傷つけてしまうことほど悲しいことはありません。

そこで、おすすめなのが、神沢鉄工が販売しているスクレイパー PeLa。このスクレイパー PeLaは、刃がポリカーボネートというプラスチック製でできているため、傷がつかないことでスクレイパーとしては人気の商品となっています。

刃にポリカーボネートというプラスチックを使用しているので、対象を傷つけにくいのが大きな特徴。

スクレイパー PeLaの大きな特徴は、なんといっても刃の素材がポリカーボネートというプラスチックであること。金属を使用しないことにより、汚れを落としたり、剥がしたりする際に、対象となる元の部分を傷つけにくいのはこれまでのスクレイパーにはないメリット。

金属製の刃と異なり素材を傷つにくいので、木材・プラスチック・金属・車・ガラスなど、どんなものにでも使えます。また、金属性の刃を使用したスクレイパーにありがちな、久しぶりに使用する際に刃の部分が錆びてしまっていた、ということもありません。

また、軽量かつ、手のひらに収まるようなコンパクトサイズに設計されているので、お子様や女性の方でも使いやすいのも嬉しい所。家族みんなで大掃除、というときに威力を発揮します。

シール刃がし、ワックスなどの除去、壁についた泥汚れ、フライパンの焦げつきなど、気になる汚れをサッと取るために便利な「スクレイパー PeLa」、1本あると便利です、ぜひ。

※商品名 スクレイパー Pela(神沢鉄工)
・全長 115mm
・刃の材質 ポリカーボネート
・刃のサイズ 刃厚1mm・刃渡り39mm・刃幅20mm
・付属品 替刃2枚
・用途 バスやフローリングなどの清掃・ステッカーやラベルなどのシールはがし・ワックス除去など
・カラー 全5色(オレンジ/ライトグリーン/ブラウン/ダークグリーン/ピンク)
・別途替刃(5枚入り)の販売もあり。

人気の記事

  1. 携帯用浄水器、ソーヤー ミニ SP128(SAWYER)
  2. 折りたたみ椅子 ブックニチュア
  3. AutoNail Rabbit(オートネイル ラビット)(リンクカンパニー)
  4. ギターにペイント
  5. 自作ルアー

アーカイブ

PAGE TOP