鉄製フライパン、錆びにくい極シリーズ。

手入れもラク、錆びにくい鉄を使ったフライパン。

料理の美味しさを考えるとやはり鉄のフライパン。だけど、錆びつきやすいし手入れが面倒、という方におすすめなのが、錆びにくい鉄で作ったフライパン「極」。

以前に、ドイツで愛され続けている鉄製のフライパンや、調理性能抜群で軽量化された鋳鉄製フライパンなどを紹介しましたが、今回は鉄でできているのに錆びにくいというのが評判のフライパンのお話。

強火で短時間で素材に火を通す、これが炒め料理、焼き料理の王道。短い時間でしっかり火を通すことで、素材に適度に火を入れ、旨みを十二分に引き出す、というもの。

これを実現できるのが鉄製のフライパンであることは昔からよく知られている通り。中華や洋食などのレストランで食べる料理が美味しいのは、もちろん、コックさんの腕もありますが、それに加えて、鉄のフライパンで調理しているというのも理由の一つです。

ご家庭でも料理が好きな方や、少しでも美味しく作りたいというならば、やはり鉄のフライパンを使用するべき。ただ、現在フライパンで主流のフッ素加工などがなされたフライパンに比べると、鉄だけに錆びやすかったりと、確かに手入れが面倒なのも事実。

鉄は、空気に触れることで酸化し錆びます。通常、この錆を抑えるために使用後に油を塗るなどの手入れが必要ですが、この手入れが非常に簡単、鉄は鉄でも、錆びにくい鉄を使ったフライパンがリバーライトから販売されいる極シリーズ。非常に人気になっています。

この錆にくい鉄は、鉄に窒素を含ませる窒化処理というものを施し、表面に窒化鉄と酸化鉄の層を作り、いわゆる鉄を安定化させているもの。

そのため、使い終わった後も、水でたわしで汚れを落として、火にかけて水分を蒸発させるだけでよい、という鉄のフライパンとしては非常に手軽に使えるようになっています。

錆びにくいけれど、油馴染みもよく、耐久性も抜群。鉄のフライパンの良い所はそのまま。

錆びにくい鉄のフライパン「極」ですが、一方で、鉄に特殊な加工を施していることで心配なのが、鉄ならではの油のなじみ具合や耐久性、料理の仕上がりです。

その点、素材を入れる前の油返しなどは推奨されていますが、それ以外の手入れを必要とすることなく、鉄のフライパンならではの油なじみは、通常のフライパンと変わりません。さらに、錆びにくいことからもフライパンとしての耐久性も兼ね備えています。

もちろん、素材や料理にあった温度や方法で調理をすれば、料理は美味しく出来上がります。

フッ素など表面加工されて焦げ付きにくいというある意味、便利で扱い易いフライパンを使うのも、もちろん一つの手ではあります。一方で、料理の美味しさやその質の向上のために、鉄のフライパンを使うというのも、また素晴らしいことでもあります。

ポークソテーや野菜炒め、チャーハンなどが抜群に美味しく仕上がる鉄のフライパン。手入れが楽で、錆びにくいなら使ってみる価値は大です。

※商品名 リバーライト 極ROOTS フライパン 26cm IH対応
・外径 26cm
・底厚 1.6mm
・高さ 5cm((取っ手含み 11.5cm)
・最大幅 45.5cm
・重さ 950g
・内側底面直径 17cm
・満水容量:2.0L
・JANコード/ISBNコード:4903449118052

人気の記事

  1. モダリ(Modarri -THE ULTIMATE TOY CAR)
  2. ウィンブルドン公式グッズ 2015
  3. マニフォールドクロック
  4. ルカーノ・スリーステップ(lucano 長谷川工業)
  5. ウィークリー投薬ポケット(サキ)

アーカイブ

PAGE TOP