ライブ中継!スイングベースボール

野球好きのこども達へのプレゼントにおすすめ、スイングベースボール。

実際にバットを振ると、内臓されている3D加速度センサーがスイングを感知、ヒットやアウトなどゲームを進めていく体験型ベースボールゲーム。

野球に興味を持ち始めたり、野球を始めたばかりのこども達にとって、野球の楽しさといえば、バットを振って打つこと、バッティング。

実際にバットを振ることの楽しさを味わえるゲームが、ライブ中継!スイングベースボール GO!GO!GIANTS!。バンダイから発売されています。

このライブ中継!スイングベースボール、実際にバットを振ると、内蔵されている3D加速度センサーが、バットのスイングスピードやタイミングを感知し、ヒットやフライ、バントやファウルなどを判定、ゲームを進めていくというもの。

残念ながら実際にボールを打つことはできませんが、バットから流れる実況音に合わせて、タイミングよくバットを振ることを覚えられるので、野球を楽しめるほか、実際の野球の練習にもなるかもしれません。

試合や練習など、ゲームのモードは7種類。ジャイアンツの選手が実名で登場。

ライブ中継!スイングベースボールで遊べるゲームモードは、実際の試合から練習モードまで7種類。
・ダイジェストモード
・フルイニングモード
・目指せ一軍モード
・ホームラン競争
・バントの達人
・フリーバッティング
・素振り

本物の野球と同じく9回までを戦うフルイニングモードでは、ジャイアンツの選手になり切って試合スタート。

選手は、阿部、坂本、村田、片岡、長野、相川、亀井などのジャイアンツの選手たちが実名で登場、選手コールを受けてバットを振れるということで、プロ野球選手気分も味わえるのも嬉しい所。

ホームラン競争は、10球のうち何本ホームランを打てるかを挑戦するモード。スタートの合図でパワーを溜めて、バットを構えるとピッチャーの投球実況が開始されるので、後はタイミングよく、しっかりとスイング、満点を目指してチャレンジ!

フリーバッティングは、ひたすらスイング。自分がなりたい選手をバッターとして、さらに対戦したいピッチャーを選択してゲームスタート。憧れの選手になり切って、憧れのピッチャーから打つ。練習は上達の近道。

テレビゲームなどと異なり、実際にバットを振ることでゲームを進めていくということで、野球の楽しさを覚え、体験できるという意味で、野球好きのこども達の遊び道具、練習に最適かもしれません。ただし、バットを振る場所には注意は必要です。

※商品名 ライブ中継!スイングベースボール ~GO!GO!GIANTS!~
・サイズ 約500mmx55mm
・重量 約118g
・主な素材 ABS/PP
・電源 単三乾電池3本使用(別売)※アルカリ乾電池専用
・対象年齢 6歳以上
・販売元 株式会社バンダイ
・JANコード/ISBNコード 4543112925305

人気の記事

  1. ライブ中継!スイングベースボール
  2. クールタオルといえばCCT冷感タオル。
  3. 不思議なプラスチック プラフレンド
  4. iPhoneを使った通訳サービス、J-TALK Travel
  5. ビールアワー極泡ポータブル(タカラトミーアーツ)

アーカイブ

PAGE TOP