液だれしない醤油差し THE 醤油差し

液だれしない、注ぎ口が汚れない、醤油差し。

食卓の醤油差しを見ると注ぎ口の周りが液だれで汚れている、そんなことが無くなる「THE 醤油差し」。

日本の食卓に欠かせないのが醤油、醤油差し。ふと見てみると、醤油差しから垂れる醤油で、注ぎ口の周りが汚れていることはありませんか?

一般的な醤油差しは、その瓶としての特性で液だれをどうしても避けることができす、注ぎ口から醤油が垂れ、それが注ぎ口や醤油差しそのものに付いてしまいます。結果、衛生上も見た目も気になり、度々布巾やティッシュなどで拭き取る、という作業をすることになります。

この醤油差しの液だれ、考えてみれば、ほんの些細なことではありますが、できれば美しい醤油差しで美しく醤油を注ぎたい。それを実現させたのが、「THE(ザ)」ブランドの液だれしないTHE 醤油差し

このTHE 醤油差し、根本的な瓶の構造をガラス職人と研究、通常の醤油差しには付きものの注ぎ口となる「くちばし」をあえて無くし、ガラス面の表面張力を利用することで、液だれすることなく醤油がさせることに成功。

もちろん、液だれしないという機能的なものだけではなく、その見た目の美しさも、青森の伝統工芸品をも手掛ける工場で製造だからできるという日本製ならではのこと。大きな魅力です。

液だれしないという機能だけではなく、使う人を考えた温かみのある醤油差し。

THE 醤油差しは、液だれしないという機能がウリとして見られがちですが、それだけではなく、デザイナーやガラス職人さん達の想いや技術が詰まっている、本当の意味での「THE 醤油差し」といえます。

注ぎ口から出る醤油が、やんわりとしたカーブを描く姿は非常に美しいもの。また、クリスタルガラスで作られた瓶自体も非常に美しい仕上がり。

また、容量も一般的な醤油差しの多くが100ml以上なのに対し、THE 醤油差しは、約80mlと比較的少な目。これは醤油の鮮度を考えてのこと、醤油が劣化する前の美味しいうちに使い切るという目的のもとに設定。

さらに、瓶がむき出しで販売されることなく、桐箱に入れられている姿は、商品に対する作り手の想いはもちろん、これから使用する人への温かみのあるメッセージをも受け取れるほど。ギフトとしての需要も多いというのも、醤油差しとしては異例のことですが、納得です。

もちろん、中身は醤油意外にも使用可能。オリーブオイルや酢、辣油などを入れておくのもよいかもしれません。

液だれというちょっとしたストレスから解放され、さらに食卓を美しく飾ってくれるTHE 醤油差し。テーブルに置いておきたい逸品です。

※商品名 THE 醤油差し CLEAR 80ml
・サイズ 高さ:12cm/容量分のみ:9cm/注ぎ口直径:3.7cm
・容量 80ml
・素材 クリスタルガラス
・外箱 7cm×13cm×6.5cm(桐箱)
・日本製

人気の記事

  1. サーフボードにペイントするときに必要なもの、4つ。
  2. ペイントペン、発色の良さで選ぶならボードスティックス。
  3. テフロン 加工ワンタッチ コンビニマグ(ドウシシャ)
  4. 宅配ボックス 簡易固定 折りたたみ可能タイプ(サンワダイレクト)
  5. ショーウインドウ

アーカイブ

PAGE TOP