人気のイス、プロワークチェアラウンド

12段階に高さが調節できるイス、座面も回転します。

高さが12段階に簡単に調節できるので、色々な場面で使える便利なイス。

パソコンを使用するとき、本を読むとき、モノを書くとき、テレビを見るとき、作業をするとき、それぞれ向き合うものやデスクは異なります。すると、当然ながらその分イスも必要になります。

とはいえ、限られたスペースの中に何個もイスを用意するのは極力避けたいところ。そういうときに便利なのが、プロワークチェアラウンド、という高さを12段階に調整できるイス。ルネセイコウから販売されています。

このプロワークチェアラウンド、見かけは比較的シンプルですが、機能的には座る人のことをとことん考えて作られたイスとして非常に人気のイス。

というのも、まずは高さは12段階に調節ができるという点が便利。座って何かしらの作業をするときに、イスの高さが合わないのは、姿勢の悪くなってしまったり、集中できなかったりする原因の一つ。

逆にいえば、イスの高さを微妙に調整することで、集中力がアップしたり、作業が捗るようになることはよくある話。その点、このプロワークチェアラウンドがあれば、例え向き合うものが異なるとしても、それに応じて微妙な高さの調節ができるので、イスが1台で済む、ということになります。

高さの調節だけではない。座面が左右に回転、前傾後傾までできるのでストレスなく作業ができる。

プロワークチェアラウンド、細かく高さの調節ができるのも魅力的な機能でありますが、それに加えて、座面の回転や前後傾までできるのが人気の理由。

例えば、デスクの正面だけではなく左右に広げて作業範囲を取っている場合に便利なのが、座面が回転するという機能。座面が左右に60度の範囲で回転、動きもスムーズなので、ストレスを感じることなく作業に集中することができるようになっています。

さらに、ちょっと前屈みで作業をしたい場合には、最大15度の範囲で座面が前に傾くというスゥイング機能が働くので、無理な姿勢で作業を強いられることがありません。もちろん、前傾だけではなく後傾、左右傾も可能。

このプロワークチェアラウンド、イスとしては非常に高機能といえ、本当の意味で座る人のことを考えて作られているといえますが、元々の発想は「工場家具」というのがコンセプト。

工場での長時間立ったままの作業や、低く前屈みの姿勢で行う作業など、働く環境をより快適に、という視点で作られおり、「プロワーク」という言葉が商品名にも入っているのもそれが理由。こういう発想で作られたプロワークチェアラウンドの快適さや機能性の高さが、開発元の当初の狙いであった工場だけではなく、一般の家庭でも使えるイスとして広がっているというわけです。

オフィス、工場、自宅さらにはアウトドアなどにも便利なプロワークチェアラウンド、1台あると便利かもしれません。

※商品名 プロワークチェアラウンド PW-700R(ルネセイコウ)
・サイズ W420×590×H930×SH365~895mm
・サイズ(折畳時) W420×590×H1100mm
・重量 8.0kg
・素材 座面:ビニルレザー/フレーム:スチールパイプ
・耐荷重 100kg
・スゥイング機能 前傾15°、左右15°、後傾10°
・生産 日本製
・JANコード/ISBNコード:4901749281810

人気の記事

  1. 青山シャンウェイ 中華丼
  2. ウォールステッカー。
  3. 腹八分目茶碗(サンアート)
  4. CCTタオル
  5. ボタンつけがあっという間、tic。

アーカイブ

PAGE TOP