オーラ岩盤浴 腹巻

岩盤浴の原理を利用、身体を芯から温めてくれる腹巻。

天然鉱石が発する遠赤外線の力で身体を芯から温める、という岩盤浴気分が体感できる腹巻。

暖冬といわれるこの冬、それでも1月も中旬を過ぎるとやはり真冬、例年並みの寒さが予想されています。となると、冷え性の方に限らず、寒さ・冷たさが少々辛い季節。特に女性にとっての大敵はお腹周りの冷え。

このお腹周りの冷えへの対策として、腹巻があるわけですが、一般的な繊維ではなく、高い蓄熱性、遠赤外線放射性を持つ天然鉱石を練り込んだ特殊繊維で作られた腹巻「オーラ岩盤浴 腹巻(ユメロン黒川)」が人気を呼んでいます。アウターを邪魔しない薄手ながら、驚くほどの温かさで発売以来、ロングセラーになっています。

天然の鉱石には種類にもよりますが、非常に蓄熱性が高く、さらに、遠赤外線を放射するものが存在します。これら天然の鉱石の力をなんとかあったかグッズに利用できないかと研究を重ねて開発されたのが、天然鉱石繊維、というもの。

この天然鉱石繊維は、特殊な技術を用いて天然鉱石を繊維に練りこむことで、生地として身に着けたときに、遠赤外線の放射熱や蓄熱性を利用できるようにししたもの。

ただし、この天然鉱石繊維が温かいのは、ここ数年各メーカーから販売されているいわゆる発熱素材ではありません。どちらかというと、自分で自分を温めるというニュアンスが強いかもしれません。

というのは、元々の分の体温が繊維に触れることで、その熱が鉱石を練りこんである繊維に蓄積されます。蓄積された熱は、今度は肌に向かって放射されることになりますが、その際、鉱石から発せられる遠赤外線がプラスされて、より温かさを感じることができる、というものです。

この天然鉱石繊維、生地を少し触ってみただけでもジンワリとした温かさが感じられ、最初は不思議にさえ思うほどです。

オーラ岩盤浴 腹巻 ユメロン黒川>>

我慢できるからといって、寒いのを我慢して、身体を冷やすことのないように。

一年中で一番気温の低い季節、冷え性の方などはそれこそ腹巻だったり、手袋だったりと、屋内外に限らずしっかりと対策を立てる方が多いようです。一方で、寒さを我慢できてしまう人、実はこういう方こそ注意が必要です。

というのも、身体を冷やすことによって、体感としては我慢できたとしても、身体の内面では下記のようなことが引き起こされます。
基礎代謝が低下する。
免疫力が低下する。
内臓の機能が低下する。
自律神経の調整が上手く行かなくなる。

これらは、どれも病気にかかりやすくなったり、太りやすくなったり、精神的にも悪影響を及ぼすなど、極力避けるべきことばかりです。もちろん、過度に暖房を付けたり、あったかグッズを付けたりする必要まではありませんが、最低限、身体を温めておくことは必要です。

適度に身体を温めることが健康への第一歩、というのは真冬には特に注意しておきたいところ。自然の力と自分の熱を双方利用、ポ心地よい温かさが体感できる天然鉱石繊維で作った「オーラ岩盤浴 腹巻」、お腹周りの冷え対策にはおすすめです。

※商品名 オーラ岩盤浴ダイエット腹巻 ユメロン黒川
・サイズ:ウエストサイズ S-M(58~70cm)/M-L(64~77cm)/LL-3L(77~102cm)/総丈:約30cm
・材質 綿37%、ナイロン29%、ポリウレタン18%、レーヨン16%(天然鉱石含有)
・生産国:日本

オーラ岩盤浴 腹巻 ユメロン黒川>>

人気の記事

  1. 緊急 ボタン
  2. オーラストーン
  3. 最高の加湿器、カドー 超音波式加湿器 HM-C610S(cado)
  4. 人気のゴルフティー
  5. キネティックサンド 1kg(ラングス)

アーカイブ

PAGE TOP