ゴム製まな板 アサヒクッキンカット

ゴム製まな板がプロの世界でも意外と使われている理由。

木製やプラスチック製が当たり前だと思っていたまな板、衛生面を考えてゴム製のまな板を使う調理人も実は結構多いとか。

料理をするには無くてはならない存在なのがまな板。このまな板の素材といえば、木製やプラスチック製が一般的。ところが、最近では、家庭用でもゴム製のまな板が登場し話題になりつつあります。

調理の際に一番に気を使うべきはやはり菌やカビ。木製やプラスチック製のまな板でもこまめに洗ったり、消毒したりすることで、それらを取り除くことはできますが、やはり完全に、というわけにはいきません。

というのも、木製やプラスチック製のまな板の場合、包丁の刃を当てることでどうしても傷がつきやすく、細かい傷に水分や食材が残りやすく、それが原因となり菌やカビが繁殖することになってしまいます。

一方、ゴム製のまな板の場合には、ゴムの特性であるある程度の弾力があります。そのため、包丁を当てても非常に傷がつきにくく、結果として菌やカビの繁殖を抑えることができ、衛生的に使える、というものです。

清潔な状態を維持しやすく、耐久性に優れている、というのがプロの世界でも意外と使われている理由ということになります。

アサヒゴムから販売されているアサヒクッキンカットは、ゴム製まな板の代表格。元々飲食店などプロ用のゴム製まな板からスタート。衛生面で一般家庭以上に気を遣う必要のある飲食店からの注文が多かったものを家庭用として販売しているものです。

衛生的であるほかにも、刃が滑りにくい、ゴムの匂いは全くない、使いやすいゴム製まな板。

衛生面を考えるとゴム製のまた板がおすすめであることを説明しましたが、では、その使い心地はどうか、というのは気になるところ。

この点、ご紹介したアサヒクッキングカットは、パッと見た目は木製とも思えるような色合い。刃を当てたときの感触は、多少の弾力があることで切る際に刃が滑りにくいというのが特徴。

また、木製の場合にはまな板自体が吸水性を持っているので、使用後は必ず干すことが必要。プラスチック製は、水切れが悪く水分をきちんと拭き取ることが必要。これに対して、ゴム製の場合にはまな板自体に吸水されることもなく、水切れがよいのも特徴。

ゴム製と聞いて、ゴム特有のニオイが気になるところですが、その点は心配無用。食品を載せるものだけあって、無味無臭のゴムであるエラストマーを素材として使用しています。

耐久性についても、木製やプラスチック製に比べて傷がつきにくいのはもちろん、プラスチック製の場合に注意すべき熱に対しても強く、5~6倍の耐久性があるほど。

毎日使うものだからこそ、衛生面、安全面で気を遣いたいまな板、ゴム製まな板、検討の価値ありです。

※商品名 ゴム製まな板 アサヒクッキンカット(アサヒゴム)
・材質 エラストマー(合成ゴム)
・サイズ M:21×38×1.3cm/L:23×40×1.3cm/LL:25×42×1.3cm/3L:25×45×1.3cm
・重量 M:1.1kg/L:1.25kg/LL:1.4kg/3L:2.2kg
・耐熱温度 耐熱100℃ 耐冷-30℃
・製造 日本
・JANコード/ISBNコード:4523512000185

人気の記事

  1. 非常用トイレ 防災の達人 30回分(コクヨ)
  2. 完全防水ブックケース ユウブミ~湯文~ ブンコ(ジェコル)
  3. 面白い鍋敷き、タンブルトリベット(TOVOLO)。
  4. フレッシュマックスがファッションスナップドットコムで紹介されました
  5. オリジナルラベルのシャンパン作成サービス、#JACKBOTTLE

アーカイブ

PAGE TOP