通電火災予防グッズ スイッチ断ボール

地震への備えの中で忘れがち、通電火災対策に便利なグッズ。

地震への防災グッズは様々ありますが、通電火災予防もお忘れなく。

地震への備え、忘れがちな通電火災対策グッズ>>

東日本大震災をきっかけに活動期に入っているといわれている日本列島。大地震や火山噴火の可能性が高まっていることなども頻繁に報道されており、各家庭や企業でもそれに対する備えをしておく必要があります。

この地震への備え、その中心となる非常食や毛布類などについては、すでに準備している方も多いようですが、忘れてならないのが「通電火災」を予防すること。通電火災、と聞いてあまりピンとこない方も多いのでは?

実は、大地震が発生直後に断線の影響などにより各家庭への電気の供給はすぐにストップします。そのため、この電気についてはあまり気にしていない方が多いようですが、実はこれがかなり危険なこと。

というのも、地震によって電化製品が倒れたり、こぼれた水などが電気系統に入ってしまったりしている場合、電気が復旧することによって、当然ながらそこに電気が通ります。すると、断線や漏電などにより瞬く間に火災が起こってしまう、というのが通電火災。二次災害ともいえるこの通電火災、阪神大震災では、火災の約6割が通電火災によるものであったという報告がなされています。

この通電火災を防ぐために必要なことは、なにがともあれブレーカーを落とすこと。とはいえ、大きな揺れの中では身を守ることが第一。そこで、ブレーカーを自動的に落としてくれる装置の設置が推奨されており、通電火災予防グッズ スイッチ断ボールなどがそれに当たります


地震への備え、忘れがちな通電火災対策グッズ>>

地震が起きたら、まず身を守る。次に、電気のブレーカーを落とす。けれど、突然の揺れに対してそこまで気がまわらない、ならばブレーカーを落とす装置、という発想。

地震への備え、忘れがちな通電火災対策グッズ>>

通電火災予防グッズ、スイッチ断ボールは、非常にシンプルなキットになっており、簡単に既存のブレーカーに付けられるようになっています。

ブレーカーに球体型のおもり玉をセットすることによって、震度5など一定程度以上の揺れでおもり玉が落下することによってブレーカーを確実に落とすというのがざっくりとした仕組み。このスイッチ断ボール、消防防災時に有効に活用できる製品に認められる、消防防災推奨マークを取得。技術的にも特許を取得した製品

大地震への対策に忘れがちな通電火災の予防グッズ、スイッチ断ボール。ほぼすべてのブレーカーに対応しており、設置方法も簡単、ぜひこれを機会に取り付けてみてはいかがでしょう?

※通電火災予防グッズ スイッチ断ボール。
・セット内容 おもり玉、震度調節用リング、キャップ、スイッチ穴通し、延長用コード
・商品種別 防災用品
・材質 本体・キャップ部品:ABS樹脂/おもり玉・鉄球:ABS樹脂被服
・サイズ 28×34×58mm
・重量 本体:約60g/おもり玉:約45g
・期待寿命 10年
・生産 日本(東日本大震災復興支援事業として宮城県で製造)

Amazonで見る
楽天市場で見る>>
Yahoo!ショッピングで見る>>

人気の記事

  1. 血圧計 UA-651BLE(A&D)
  2. ラクネル ソフトパイプ入りピロー(東京西川)
  3. ヘッジホッグドライヤーボールズ(キッカーランド)
  4. ダニの繁殖に適した気温、湿度は?

アーカイブ

PAGE TOP