サーフボードにペイントするときに使うペン

サーフボードにペイントする方法。

サーフボードにペイントするとき使うペンとその方法

サーファーの方がお持ちの自慢のサーフボード。そのサーフボードに自分の好きな絵やアートを描いたりペイントしたり、またはお気に入りのアーティストに描いてもらったりして、さらに自分のものに仕上げていく、というのが密かに流行っています。

では、いったい、どういうペンを使って、どうやって、サーフボードに絵を描けばよいのでしょうか。

まず、使用するペンですが、お気に入りのサーフボードに描くのだから、綺麗に描きたい、という方におススメなのが、まさに、サーフボードにペイントするために作られたペン、ボードスティックスです。

開発者が発色の良さや色の輝きにとことんこだわって作ったペンですので、出来上がりの見た目のカラーは断然違います。また、塗りごこち、というか色のノリの良さもやはり違います。多くのアーティストにもお墨つきをもらっています。

次に、描き方ですが、まずは準備。

サーフボードの絵を描く面のワックスや汚れを綺麗に剥がします。この際、綺麗に剥がすためにも、ペンのインクをしっかりと乗せるためにも、サンドペーパー(200)を使ってしっかりとサンディングします。

サンディングをして綺麗になったら(ザラつき感がでたら)、ペンを使って絵を描いていきます。描いたばかりの状態だと、インクが触ると滲んだりするので注意。

乾くまで6時間から12時間、しっかり乾燥させます。このとき、ドライヤーや熱風などを当てるとサーフボードが痛むので温度の高い風を当てないようにしましょう。おススメは自然乾燥ですが、急ぐ場合でも、低い温度の風を当ててください。

インクが完全に乾いたら、透明のアクリルエナメルスプレーで仕上げです。これも、一度スプレーして3~6時間乾燥させ、乾いたら、さらにもう一回。2回から3回スプレーをすると、層になってインクがはがれにくくなります。

この冬、皆さんのご自慢のサーフボードにも素敵なアートを描いてみませんか。

ペイントギャリーなどボードスティックス情報満載 公式サイトはこちらから>>
ボードスティックスのご購入はこちらから>>

ボードスティックス公式ストア

人気の記事

  1. 携帯用長ぐつ カッパの足(プロスタッフ)
  2. 水素水 サーバー
  3. ストライクアウト(アウトドアーズテクノロジー)
  4. Withings Body Cardio Black(Withings・ウィジングズ)
  5. かぶって寝るまくら IGLOO イグルー(PROIDEA)

アーカイブ

PAGE TOP