プラフレンドを使うときにあると便利なもの

プラフレンドを使うときにあると便利なもの。

お湯が冷めやすいのでポットやケトルを用意

60℃以上のお湯につけると粒状のものが柔らかくなり、粘土のように自由に形が作ることのできる不思議なプラスチック樹脂、プラフレンド。発売開始から好評で、オリジナルのアクセサリーを作ったり、簡単なDIYなど使い方はアイデア次第で色々です。

このプラフレンド、作りたいイメージを一発で作ることができる方はよいのですが、なかなか思うようにいかない、失敗の連続、という方も結構いらっしゃると思います。

そういう方に、おすすめなのが、電気ポットやケトルを用意して作品作りに取りかかかると大変便利です。

作業中に失敗して、プラフレンドの温度が下がってくると、だんだんと固まってきてしまいます。固まってきたら、再度お湯につけていただくのですが、耐熱ガラスやボール中のお湯の温度は非常に下がりやすいです。

そこに、用意しておいたポットやケトルの熱めのお湯を足すことでスムーズに作業をすることができます。

このプラフレンド、熱を加えている間は粘土のように柔らかく作業しやすく、冷えると比較的弾力性を伴ったプラスチックになることが特徴ですが、その良い点は、プラスチックであることで出来上がりの作品の色が年粘土に比べて美しいところにもあります。

色付けに、プラフレンドカラーを使用していただいてもよいですし、絵の具やマジックで塗っていただいても、綺麗に仕上がります。

※プラフレンド
商品名 プラフレンド(pla-friend)
材質 PCL(ポリカプロラクトン)
カラー 白(ホワイト、カラーは別売り)
サイズ 100g、250g、500g、1kg各サイズ

プラフレンド公式サイトはこちらから>>
楽天市場でお求めの方はこちらから>>
Amazonでお求めの方はこちらから>>

人気の記事

  1. プリンセス防犯ブザー
  2. かるラク ムダなく使える薬味ホルダー(下村工業)
  3. 多機能LEDライト MAMORIA(マモリア・ブラザーエンタープライズ)
  4. ボタンがとれてこまった そんなときはtic
  5. イギリス ニューキャッスル生まれの紅茶ブランド、ティーシェッド

アーカイブ

PAGE TOP