軽い掃除機、紙パック式掃除機 MC-JP510G(パナソニック)

軽い掃除機なら、重さがなんと約2kgのパナソニックのMC-JP510G。

2Lのペットボトルと同じ重さの掃除機がバカ売れしている理由。

ここ数年、家電量販店やネットストアで掃除機を見ていると、目立つのはロボット掃除機。各メーカーからこぞって新たな機種が投入されていること、また、販売店側も広告戦略の中心に据えていることがその理由。

確かに、ボタンを押せば勝手に動き回って掃除をしてくれるのは大きな魅力でもありますが、狭い所や壁際などにはまだまだ課題があるのも否めません。ロボット掃除機の購入を検討してはみたけれど、やはり従来型の掃除機に落ち着いた、という方が多いのも事実。

その従来型の掃除機で、人気になっているのがパナソニックのMC-JP510Gという機種。このMC-JP510Gは、ロボット型でもなく、また近年掃除機のタイプを2分しているサイクロン式でもなく、オーソドックスな紙パック方式の掃除機。

従来型のタイプであり、また価格帯としても決して安い部類には入らないながらも、MC-JP510Gの販売が好調な理由が、とにかく軽いこと。本体重量約2kg。2リットルのペットボトルと同じような重さ、想像しただけでもその軽さが判るはず。この軽さ、2015年11月発売時点で世界最軽量。

掃除機に求められているのは、実は軽さだった、というのがMC-JP510Gがバカ売れしている理由であるといえます。

超軽量だけではない、使いやすさを追求した設計も魅力。

紙パック方式という従来型ながら、本体重量約2kgと超軽量化を実現させたパナソニックのMC-JP510G。軽量化するにあたっては、本体を構成する樹脂、モーターなどパーツ部分の軽量化のほか、掃除機の内部の部品の配置など、あらゆる面で工夫が施されており開発チームの努力が伺えます。

また、超軽量化のほか、MC-JP510Gの魅力となっているのはその使いやすさ。
・持ち手も大き目で手に馴染みやすい設計。
・ホース部分はしなやかに動かせるように、柔軟性の向上。
・先端のノズル部分は、回したり、前後に動かす際にスムーズさを追求。

など、軽さだけではなく、使いやすさを求めて随所に工夫がなされています。

さらに、暗い部分の掃除に役立つ照明としてLEDナビライトや、ハウスダストを感知するとランプが光るセンサー、吸引した小さなゴミやハウスダストを閉じ込める機能など、掃除機に求められる機能も十二分に備わっています。

毎日使うものだからこそ、使いやすいものを。そういう面では非常に優れたMC-JP510G。軽い掃除機お探しながら、おすすめです。

※商品名 紙パック式掃除機 MC-JP510G(パナソニック)
・集塵方式:紙パック式
・標準ヘッドタイプ:パワーブラシ
・吸込仕事率:約100~300W
・集塵容積:1.2L
・運転音:約57~59dB
・消費電力:約380~850W
・コード長:5m
・寸法:W19.2×H19.1×D38.3cm
・質量:2.0kg(本体)
・JANコード/ISBNコード:4549077482860

人気の記事

  1. FREELAUNDRY (フリーランドリー・ドリーム)
  2. サンナホル WMローションのお試しセット
  3. 裾上げピン
  4. 捨てるはずのサーフボードをアート作品に。
  5. オリジナルゴルフティー 

アーカイブ

PAGE TOP