てのひらトング、使いやすさを追求した、究極のトング。

使いやすさを追求した、究極のトング。

全体が手に収まるサイズで作られた究極のトング、てのひらトング。

サラダやパスタなどをよそう際に使用するトング。
家庭でも使用頻度の比較的高いキッチン用品でもありますが、
実は意外に使いづらい、という声が多いのも事実。

長すぎることで操作性が悪く、ピンポイントで取りたいものを取れないこともザラ。
さらに、大きさによっては置き場所に困ることも。
限られたスペースの食卓の一体どこに置けばよいの、
なんて思ったことありませんか?

そこで、このトングを手に収まるサイズにして、
さらに、使いやすさや操作性を追求した究極のトングともいえるのが、
てのひらトング、という商品。
東京の下町の町工場、笠原スプリング製作所から販売されて人気になっています。


使いやすさも耐久性も抜群。
「てのひらトング(笠原スプリング製作所)」

Amazonで見る>>
楽天市場で見る>>
Yahoo!ショッピングで見る>>

手のひらサイズなので、まず、置き場所に困らない。
お皿にそのまま置いても邪魔にならず、
また、深みのあるボールなどであれば、フチに差しておくこともできる。

5本の指全体を使って料理を掴む感覚になるような形状で、この形が威力を発揮。
トマトなどの崩れやすい野菜や、コーンなどの細かいものでも
楽につかむことができるほか、
片面がスプーンの形状に作られているので、
ドレッシングなどの液体までもをすくえます。

24,000回の折り曲げテストに合格した抜群の耐久性は、技術が為せる業。

トングのもうひとつの問題点ともいえるのが耐久性。
確かにトングのその形状は、耐久性を求めるには少々ハードルが高いものではあります。
少々安い値段で購入したトングが、ちょっと力をいれただけで変形してしまった、
なんていう経験をお持ちの方も多いのでは?

その点、てのひらトングは、耐久性の高さも人気の理由の一つになるほど丈夫に作られています。
24,000回という途方もない回数の折り曲げテストに合格、
晴れて商品化されたことがそれを物語っています。

このてのひらトングの抜群の耐久性は、下町の技術が生み出したもの。
メーカーである笠原スプリング製作所は、金属の抜き・穴・曲げ・絞り加工を得意としているプレス加工屋さん。
昭和4年創業という老舗の技術が実証されている商品ともいえます。

鏡面仕上げの「てのひらトング」、マット仕上げは「てのひらサラダトング」。

てのひらトングはステンレススチールを素材とした鏡面仕上げタイプで、光沢のある仕上がり。
このほか、落ち着いた感じのマット仕上げのてのひらサラダトングも併せて販売されています。

手に馴染み、つかみやすいようになされた工夫も下町の町工場の技術だからこそ為せる業。
食卓で感謝しつつ使いたい逸品です。

※てのひらトング(笠原スプリング製作所)
・サイズ 70×105×60mm
・材質 ステンレススチール
・重さ 68g
・仕様 鏡面仕上げタイプ
・製造 日本


使いやすさも耐久性も抜群。
「てのひらトング(笠原スプリング製作所)」

Amazonで見る>>
楽天市場で見る>>
Yahoo!ショッピングで見る>>

人気の記事

  1. 置き型ドライヤー HDR-S1(アイリスオーヤマ)
  2. 折り紙レジャーシート(ドッペルギャンガーアウトドア)
  3. ウィンブルドン公式グッズ
  4. 自作ルアー
  5. マドーレ ライスボールメーカー6(富士パックス)

アーカイブ

PAGE TOP