磁石が付くようになる塗料、MAGNET PAINT

塗れば磁石がつくようになる、不思議な塗料。

塗った面に磁石が付くようになる塗料・KAKERU PEINT。アイデア次第で使い方は無限に広がります。

以前、塗ったところがチョークで文字が書けるようになる不思議な塗料、KAKERU PEINT(カケル ペイント)をご紹介しました。

KAKERU PEINT(カケル ペイント)は、いってみれば黒板を作るための塗料といえますが、今回ご紹介するのは、塗った所がマグネットが付くようになるという、これまた不思議な塗料、MAGNET PAINT(マグネットペイント)。同じ、カラーワークスから販売されています。

MAGNET PAINTは、磁力を帯びさせるためのベース塗料と、その上から色をいれるカラーの2つを順番に塗ることで、どこでも磁石の付く壁ができるようになります。

ボードや木部はもちろん、ビニールクロスなど塗れる場所も幅広く、仕上がりの色は、オレンジ系のボピンズ、ピンク系ならアーリーピンク、イエロー系のヨーコーイエローなど全7色、自宅でも店舗でもアイデア次第で使い方が無限に広がります。

ニオイも少なく、安全性の高い水性塗料。

MAGNET PAINTは、塗ることで磁石が付くようになるという特殊な塗料のため、その成分や安全性も気になるところ。

その点、顔料、水、合成樹脂(アクリル樹脂)を成分とする水性塗料。そのため、塗料独特の嫌なニオイも少なく、こども達にも使える比較的安全な塗料といえます。
ただし、いくら安全といえども使用時の換気はお忘れなく。

メーカーから推奨されている塗装方法は、都度乾燥させながら、ベースが3回、その上にカラーを2回ほどの重ね塗りで完成、ということになります。

KAKERU PEINTと併せて使用することで、ようやく本物の黒板の出来上がり。

このMAGNET PAINT(マグネットペイント)を塗ることで、塗った面に磁石が付くようになるわけですが、考えてみれば、本物の黒板はチョークが使えて、マグネットが使えるもの。

そこで、塗ればチョークが使えるようになるKAKERU PEINTを塗った面に、このMAGNET PAINTを重ね塗りすることで、ようやく本物の黒板が完成することになります。ということで、重ね塗りOK。

もちろん、KAKERU PEINTだけを使ってチョークで文字が書けるようにするだけ、MAGNET PAINTを使って磁石が使えるようにするだけでもOK。

双方ともに、塗料としての安全性も高いことから、ご自宅でお子さんと一緒に楽しみながら作業することもできるし、店舗などのインテリアに使用するのも面白いかもしれません。

いずれにせよ、アイデア次第で無限に使い方が広がる不思議な塗料、MAGNET PAINT、一度使ってみたいところです。

※商品名 マグネットペイント 200ml マーシー(カラーワークス)
・用途 屋内カベ・ 壁紙・ モルタル・ コンクリート・ 屋内木用等
・成分 合成樹脂(アクリル樹脂)・ 顔料・ 水
・正味量 200ml
・塗り面積 畳1枚分(2回塗り)
・乾燥時間 約1時間~2時間
・カラー:マーシー(ほか全7色)
・JANコード/ISBNコード:4571171913728

人気の記事

  1. イングリッシュ・ブレックファーストティー
  2. 自由に成形できるプラスチック樹脂 プラフレンド
  3. サンナホルのお試しをお探しの方へ
  4. ダイヤ スキマステッキ(ダイヤコーポレーション)
  5. 毛玉クリーナー KD778(テスコム)

アーカイブ

PAGE TOP