出来立ての水素水を手軽の飲める、ドリップ式水素水タンブラーSwish

水素水の水素は直ぐ抜ける?

水素は、宇宙で一番小さな分子、容器すらくぐり抜けると言われている水素。

1秒で水道水が水素水に変わる【Swish】

相変わらず水素水ブームが続いています。

水素水を摂取することで、水素が体内に存在する悪玉活性酸素と結びつき、これを単なる水に替えるという効果が、2007年に発表されました。

以降、世界中の研究機関により、次々にその健康効果が論文発表されており、実際の医療現場でも水素の効果が使用されている、理由の一つ。

水素が、体内の隅々まで行き渡り、そのような効果をもたらすのも水素が非常に小さな分子であるからこそ、と言われています。

反面、その小ささや軽さから、水に溶かした水素は、溶けた瞬間から空気中に抜けていくという性質を持っています。

また、そればかりでなく、水素は、水素水を入れた容器をもすり抜けてしまうことが解っています。

ここ最近、ペットボトルやパウチ型の飲料水型の水素水から、作り立てを飲めるサーバー型に水素水市場に主流が移りつつあることは、その影響でもあるといえます。

1秒で水道水が水素水に変わる【Swish】

発生させた水素を直ぐに飲めるために作られたタンブラー。

直ぐに抜けてしまう水素をどうやって体内に取り入れるか。

各メーカーがこの部分を競って商品開発をしているわけですが、出来立てを飲むことができるという点では、やはり、サーバー型に分あるといえなくもありません。

ところが、サーバー型や飲料水タイプのものではない、新しいタイプ、タンブラー型のものが販売され注目を浴びつつあります。ドリップ式水素水タンブラーSwish、という商品がそれ。

タンブラーというだけあって、大きさは片手に持てるほど。作り立ての水素水を飲める点は、サーバー型と同じですが、初期コストがかからないこと、場所をとらないことが、サーバー型より優れているといえます。

サーバー型になると、やはり据え置きものので、それなりの初期コストやランニングコストがかかり、加えて、設置場所も必要になるなど、意外と不便な点も多いもの。

言ってみれば、タンブラー型の水素水生成器は、サーバー型と飲料水型の良い所を取ったものといえます。

わずか1秒、水道水を注ぐだけで、簡単に水素水ができるタンブラー型。

1秒で水道水が水素水に変わる【Swish】

ドリップ式水素水タンブラーSwishは、タンブラー型だけあってコンパクト。
カートリッジをセットすることで、水道水をそそぐだけで、水素水を生成、かかる時間はわずか1秒。出来上がる水素水の濃度は、374ppbと通常飲むには充分なほど。

タンブラー自体の重量は約300g、電気も電池も不要なので、自宅のほかオフィスなど外出先でも使える携帯性も抜群。

気になるコストは、1リットルわずか50円程度。水素水の価格破壊といっても過言ではないほど。

また、カートリッジには水素を発生させるほか、残留塩素の除去などの機能も備わっており、コストを考えるとミネラルウォーターとしての使用の価値もあり。

難を言えば、カートリッジの交換は当然必要なこと位。とはいえ、カートリッジ1個あたり120Lは使えるので、手間やコストを考えても、さほど気にすることはなさそう。

出来立ての水素水で健康生活、を考えているなら、タンブラー型の水素水生成器、ドリップ式水素水タンブラーSwish、使ってみる価値がありそうです。

1秒で水道水が水素水に変わる【Swish】

人気の記事

  1. ゴミ収集日を忘れないために ミ出し番長 C-300(ドリテック)
  2. ボードスティックスが体験できるワークショップを湘南で開催します!
  3. ジュラシックショコラ パズル(マキィズ)
  4. ぎょうざパック(貝印)
  5. スマホでどこでもカラオケマイク(サンコー)

アーカイブ

PAGE TOP