究極の耳かき スクラッチ ミミング(素数株式会社)

究極の耳かき。綿棒派、竹製派、どちらにもおススメ。

シリーズ累計200万本を販売。面白いほど耳垢が取れるステンレス素材の耳かき。

耳の掃除をするのに欠かせない耳かき。柔らかさを求めるなら綿棒、固さを求めるなら竹製。

素材によって感触が違ったり、耳垢の取れ具合が異なるため、綿棒、竹製ともに準備しておき、使い分けるところですが、それが1本で済んでしまう、というのが、スクラッチ ミミングという耳かき。

累計200万本以上と耳かきとしては異例の販売実績を持つ、スクラッチシリーズの最新型、すでに人気の商品です。

このスクラッチ ミミングの素材は、ステンレス。これまでにもステンレス製の耳かき自体は販売されていましたが、金属特有の粗さが目立ち、使用する際に痛みを感じるものや、耳を傷つけたりするものまでありました。

この点、スクラッチ ミミングは、ステンレスをコイル状に加工する際に、独自の技法で、非常に滑らかな肌触りを実現。

これがステンレスかと思うほど、想像以上にソフトな感触。滑らかな肌触りながら、コイル状のヘッドがごっそりと耳垢を取ってくれます。

綿棒型のコイルヘッド、竹製に近いスモールヘッドのWヘッドを採用。

スクラッチ ミミングは、2つのヘッドがそれぞれ耳かきになっているのが大きな特徴。綿棒型コイルヘッドとスモールコイルヘッド。

綿棒コイルヘッドは、カサカサした耳の方にはやっかいな耳垢でもごっそり絡め取れる仕様。綿棒に近い使い心地。

一方のスモールコイルヘッドは、小回りの利くタイプ。耳の奥でも手前でも、細かい際まで綺麗に耳垢を取ってくれます。

いずれも、コイルの形状をしているため、クルリと回せば360度対応。通常の綿棒や竹製の耳かきでは、なかなか取れなかった耳垢までごっそり取れるので、初めて使った人は皆驚くほどだとか。

ステンレス素材、しかもコイル型なので、手入れも簡単。

スクラッチ ミミングは耳かき本来の機能性も非常に優れていますが、それに加えて、手入れのし易さも人気の理由のひとつ。

というのも、ステンレス素材をコイル状にしてあるために、取った耳垢を落とすのにはティッシュがあればOK。

コイル状になった部分をティッシュにくるみ、コイルの溝に当ててクルッと回するだけで、溝に溜まっている耳垢まで綺麗に落ちます。

また、購入時にはおしゃれなラバーケースも付いてくるのでいつでも使えるように携帯しておくこともできます。

綿棒と竹製、双方の耳かきを不便なく使いたい方、耳かき使っても、思ったほど耳垢が取れないと思っている方、いずれにもおすすめできる究極の耳かきといえるかもしれません。

※商品名 スクラッチ ミミング(素数株式会社)
・内容 ラバーグリップ一体型耳かき
・サイズ 8×117×8mm
・分類 ボディケア
・材質 本体:18-8ステンレス/ケース:シリコン

人気の記事

  1. 3D時計 マニフォールドクロック
  2. ウインブルドン公式グッズ、数量限定で販売開始。
  3. サーフボードに色を塗るならボードスティックス。
  4. デキャンタの内側が洗える マグネティックスポットスクラバー(Cuisipro)
  5. 忘れ物対策タグ、FIND

アーカイブ

PAGE TOP