超撥水風呂敷 ながれ カラフル(朝倉染布)

超撥水加工の風呂敷、水を弾くので使い勝手抜群。

雨や水に弱いという風呂敷の弱点を克服した、超撥水風呂敷 ながれ。

モノを包むための布として、古くから使われてきた風呂敷。
贈り物やお土産などを包むことが、主な機能でありますが、
布であるがゆえに、水に弱く、雨の日には少々使いづらい、
というのが風呂敷の弱点ともいえます。

ところが、この風呂敷の弱点である、水に弱いことを克服、
人気になっているのが、超撥水風呂敷 ながれ、という風呂敷。
群馬県桐生市に本拠を置く、朝倉染布から販売されています。

風呂敷ながれ、に採用されている超撥水加工は、
朝倉染布が研究を重ねて独自に開発した技術。

風呂敷を構成する繊維1本ずつに、
炭化フッ素を付着させることで、超が付くほどの撥水を実現。
焦げ付かないテフロン加工のフライパンのようなイメージ。
水がついても、水玉のようにコロコロと転がり、
風呂敷が濡れることはありません。

また、この繊維1本ずつに加工を施し、撥水を実現していることで、
繊維同士の織り目を塞ぐことなく仕上げることができ、
非常に通気性の良い風呂敷であることも大きな特徴。

コレクションしたくなる豊富なデザイン、サイズ。

超撥水加工の施された風呂敷ながれは、
そのデザインや種類のヴァリエーションも非常に豊富。

・通常 70cmサイズ
・少し大きめ 96cmサイズ
・大判 1m以上のサイズ
・少し小さ目 47cmサイズ
など、好みや用途に応じて選べるようになっています。

また、デザインも昔ながらのものはもちろん、
モダンなもの、季節を感じさせるものなど多数用意されており、
コレクションしたくなるほど。

超撥水であることで、広がる使用用途。

風呂敷というとモノを包むというのが主な使い方。

ところが、超撥水風呂敷ながれの場合、超撥水加工を施されていることで、
その使用用途は無限に広がります。

例えば、
・袋の形状にして、雨の日でも使える風呂敷バッグに。
・おなじく、小さい袋状にすれば、ペットボトルホルダーに。
・濡れた折りたたみ傘をくるんでおいたり。
・突然の降られた時の、直接頭にかざして雨よけに。
また、このほか、超撥水性であるがゆえに、
水を運ぶことまでも出来てしまいます。

これまでの風呂敷の常識を覆す、超撥水風呂敷ながれ、
使ってみたくなる逸品です。

※商品名 超撥水風呂敷 ながれ カラフル(朝倉染布)
・サイズ 96cm×96cm
・素材 ポリエステル100%
・重量 105g
・備考 柔軟剤・漂白剤の使用は不可
・生産 日本製

人気の記事

  1. 自宅での熱中症にも要注意。
  2. 家庭用 天ぷら油火災専用 消火用具 火の用心棒(メディプラン)
  3. キネティックサンド 1kg(ラングス)
  4. ブラジリアンワックス
  5. パタット セイザ(SOLCION)

アーカイブ

PAGE TOP