hatake 世界最小の畑

家庭菜園初心者向けキット、ベランダどころかデスクでもできる小さな畑。

小さな小さなビニールハウスの家庭菜園キット。
世界で一番小さな畑を机の上に置いてみませんか?

家庭菜園で、食卓を彩る野菜たちを自分で育ててみたい、けれど、何をどう始めたらよいのか分からない。

そういった初心者の方向けに、初めの一歩、としておススメなのが、hatake 世界最小の畑、という家庭菜園体験キット。

世界最小の畑、というだけあって、そのサイズはわずか約8×13cm。非常に小さく、手のひらにさえ乗ってしまうほどのサイズ。ミニチュアのビニールハウス、といったところ。

ベランダはもちろん、デスクの上でも、キッチンでも、場所を全くといっていいほど取らないサイズ。あまりに小さすぎて、返って忘れてしまうのが心配なほど。

とはいえ、キットになっているものはすべて本格的。各野菜の種はもちろん本物、土はプロの農家も使用しているエクセルソレイユ。畑には畝(うね)もセットされているため、見た目も本物の畑。

水を与えて、種をまき、ハウスをかぶせて、日に当てて、そして収穫。野菜の栽培に必要な工程は、もちろん通常の畑の場合と一緒。

まずは、このhatakeで、野菜作りはどういったものかということを、学ぶのには、場所も取らないし、うってつけの教材といえます。

プチトマトやバジル、青しそなど、
2~3ヵ月の育てる醍醐味、収穫の楽しみが味わえます。

hatake 世界最小の畑に用意されているのが、プチトマト、スイートバジル、ペパーミント、サニーレタスなど。どれも、食卓で重宝される野菜ばかり。

発芽や収穫までの期間や、生育に必要な環境は、それぞれ微妙に異なるので、収穫を楽しみにしつつ、それに合わせて育てるのが、家庭菜園の醍醐味。

●プチトマト
品種 レジナ
発芽 種まきから約10日
収穫 発芽から約3~4か月
発芽適温 20~25℃
生育適温 15~30℃

●スイートバジル
発芽 種まきから約10日
収穫 発芽から約2~3か月
発芽適温 20~25℃
生育適温 20~30℃

●青じそ
発芽 種まきから約10~20日
収穫 発芽から約2~3か月
発芽適温 20~30℃
生育適温 20~25℃

●ペパーミント
発芽 種まきから約10日
収穫 発芽から約1~3か月
発芽適温 20~25℃
生育適温 20~25℃

●サニーレタス
発芽 種まきから約5~10日
収穫 発芽から約1~2か月
発芽適温 15~20℃
生育適温 15~20℃

これらを、ある程度育てることができたら、植え替えたり、また、新たに大きな畑にチャレンジしてみるのもよいかもしれません。その前に、まずはhatake 世界最小の畑で家庭菜園の初めの一歩、踏み出してみませんか?

※商品名 hatake 世界最小の畑(hatake)
・セット内容 種:1袋/土(エクセルソイルMini):1個/フィルター:1個/トレー:1個/ハウス:1個/説明書有り
・商品サイズ 奥行き8.1×幅13.6×高さ7.2cm
・種類 プチトマト、スイートバジル、ペパーミント、サニーレタス、青じそなど

人気の記事

  1. 夏休みの自由研究
  2. ホールリーフ使用で人気の紅茶 ティーシェッド。
  3. マニフォールドのハンドメイド 掛け時計。
  4. 宅配ボックス 簡易固定 折りたたみ可能タイプ(サンワダイレクト)
  5. ペン字 通信教育

アーカイブ

PAGE TOP