飲みごろ激冷タンブラー 420ml(ドウシシャ)

真空断熱のタンブラーでビール、夏におすすめの飲み方。

タンブラーに注いで1分、泡が落ちく着く頃には、1.4℃。
キンキンに冷えたビールが楽しめるタンブラー。

一日の疲れを癒してくれるのが、帰宅直後に飲む冷えたビール。暑い夏には、キンキンに冷えたものが好みという方も少なくないはず。

缶ビールの場合、家庭用冷蔵庫から取り出した直後の温度は5℃前後、もっと冷えたビールを飲みたいという方に、おすすめなのが、飲みごろ激冷タンブラー、という商品、ドウシシャから発売されています。

この飲みごろ激冷タンブラー、注いで約1分程度で、1.4℃までビールの温度を急激に冷やすことができる。1分といえば、缶から注いで、泡立ちが落ち着く頃、その頃合いで、キンキンに冷えたビールが出来上がっています。

このタンブラー、本体はステンレスの二重構造。薄いステンレス2枚で構成されており、2枚の間は真空状態。真空にすることで、熱が伝わるのを抑えており、冷たい状態を保つことができる。

キンキンに冷えたビールを飲むために、ちょっとひと手間。
氷の層を作るために、水を入れて凍らせる。

飲みごろ激冷タンブラーの大きな特徴なのが、激冷、というだけあって、キンキンに冷えたビールが飲めること。

真空断熱構造はあくまで保冷のための仕組みで、キンキンに冷やすためには、ちょっとしたひと手間が必要。

というのは、このタンブラー、本体と内側の瓶とこれまた二層構造。実は、この間に水を入れて凍らせることで、氷の層を作ります。この氷の層が、注がれたビールを一気に1.4℃まで冷やしてくれるもの。

作業自体は簡単。本体に水を入れて、内側の瓶をセット。あとは、冷凍庫に約12時間入れておくだけ。帰宅後のキンキンに冷えたビールを想えば、何ということのない作業。

また、通常、この手のタンブラーは、中に冷たいものを入れると結露して、テーブルが水で濡れてしまったりするものですが、結露しない工夫もなされています。

ビール党にとって夏のご褒美といえば、キンキンに冷えたビール。自宅で手軽に楽しむために、飲みごろ激冷タンブラー、おすすめです。

※商品名 飲みごろ激冷タンブラー 420ml(ドウシシャ)
・色 シルバー
・重量 0.32 kg
・サイズ 約φ86x142mm
・重量 約315g
・素材 本体:ステンレス鋼/内瓶:ステンレス鋼/パッキン:シリコーンゴム
・機能 真空断熱構造
・内容量:420ml
・JANコード/ISBNコード:4549549450366

人気の記事

  1. Os'way ウォーターパス(オクムラ)
  2. インクの使用量を最大75%削減、InkSaver
  3. ひんやりタオル 人気
  4. 禁煙グッズ 電子タバコ
  5. ヨギボーマックス Yogibo max

アーカイブ

PAGE TOP