iPhoneを使った通訳サービス、J-TALK Travel

海外旅行に行くのに英語が不安なら使ってみたい通訳サービス。

海外旅行に行ってみたいけれど英語は不安な方に強力な味方、
通訳をスマホ画面に呼び出せる「J-TALK Travel」

初めての海外旅行など、英語に不安があるけれど海外に行きたい、
そういう方に便利な、iPhone、iPadを使った有人通訳サービス「J-TALK Travel」が話題です。

海外旅行で使える有人通訳アプリ【J-TALK Travel】

J-TALK Travelは、iPhoneやiPadのアプリを使い、
必要なときに画面に通訳を呼び出すことができ、
三者間での通訳・コミュニケーションが可能になるサービス。

例えば、
・レストランやショッピングの際に店員さんの説明がわからない、
・目的地への行き方、乗り物への乗り方がわからない、
・荷物が盗難にあったけれど、現地の警察で話すことができない、

こういったときに、手持ちのiPnohe、iPadでボタン一つで、
通訳を呼び出すことができるという、画期的なサービス。

対応言語は、本ニュース執筆時点では、
英語のほか、中国語、韓国語、タイ語の4か国語。
今後、他の言語も追加予定もあり。

海外旅行で使える有人通訳アプリ【J-TALK Travel】

1週間3,700円、通訳を使い放題でこの価格。

J-TALK Travelを利用するには、3日間、5日間、1週間と、
旅行日程などにあわせて期間を選択、いずれも期間内であれば使い放題。

料金は、1週間で3,700円と想像以上にリーズナブル。
3日の場合だと、わずか1,800円で通訳が使えるので、
保険のために申し込んでおいてもよいレベル。

ただし注意すべきは、使い放題といっても1回当たりの利用時間は10分。
10分を超えると一旦接続が切れるので、必要であれば再接続する必要あり、
その際、別の通訳になる可能性もあるので、その点は頭に入れておきましょう。

利用には、地図やホワイトボード、カメラ機能が使えるアプリを使用。

実際にJ-TALK Travelのサービスを利用するには、iPhoneかiPadが必要。
App Storeストアから無料でダウンロードできるので、
出掛ける前に必ず設定しておくこと。

対応機種は、iPhoneであれば、iPhone5以降、
iPadは、iPad(第4世代)、iPad Air、iPad Air2など。
Android版についても、今後提供される予定。

このアプリには単に画面を通じて通訳ができるだけはなく、
・拡大機能付きの地図、
・手書きや絵、図など手書きに対応するホワイトボード、
・看板やポスター、メニューなどを写せるカメラ、
など、通訳に便利な機能がついています。

不安な海外の通信環境、
現地の環境にあわせて選択できる通訳手段。

J-TALK Travelサービス利用する際には
・動画(標準)
・動画(低画質)
・音声のみ
と3つ用意された通訳方法を選択することスタート。

iPhoneやiPadを使った通訳サービスということで、
非常に便利なようにも見えますが、不安な現地の通信環境。

当然ながら、通訳には通信環境が必要で、サービス利用には、
1Mbps以上の速度がある、Wi-Fi環境、4G(LTE)、3G環境のいずれかが必要。
それでも通話品質が悪かったり、指定環境以下であれば、音声のみを選択すればよい。

すでに実際のサービス実施済みエリアは、
アメリカ、中国、韓国、カナダ、フランス、フィンランドなど10か国以上。

残念ながら、ビジネス利用やお医者さんへの診療時など、
高度な専門知識が必要とされる場面での利用はできませんが、
それでも、海外旅行の強い味方になってくれるJ-TALK Travel。
今後、増々人気が高まるサービスです。

海外旅行で使える有人通訳アプリ【J-TALK Travel】

人気の記事

  1. 毛玉取り器 とるとる KC-NW87(泉精器製作所)
  2. チルチューブ、使い方自在の新感覚のひんやりグッズ。
  3. ユメロン黒川 おやすみ・かぼちゃパンツCQ
  4. ジュニア プレイメーカー グラモデル
  5. エコカットプロ(ECOCUT pro)

アーカイブ

PAGE TOP