デリカタス キャリーランチボウル フラット

夏用のお弁当箱に最適、麺も丼ものも具材が分けて入れられるランチボール。

冷やし中華、うどん、丼ものなど、夏向けのお弁当、
1つのお弁当箱で、麺やご飯と具材が分けられるランチボールが便利。

夏になると、暑さのせいもあり、どうしても食欲は落ちるもの。冷たい麺類や、ご飯に具材をのせて食べる丼ものなど、お弁当も、できればサラッと食べられるものが理想。

また、作る側としての心配なのは、お弁当が傷んでしまうこと。白いご飯に、タレなどが染みていると、それだけ傷みは早く、かといって、保冷剤などを入れ過ぎると、お弁当が冷たくなり過ぎる。

そんな悩みの尽きないのが、夏の暑い時期のお弁当ですが、ちょっとした工夫がなされたお弁当箱を使うことで、それらを解決することができます。それが、デリカタス キャリーランチボウル フラットというお弁当箱。

このお弁当箱、主としてご飯やおかずを入れられるところは二段構造。

これとは別に、たれ用の容器が付属、さらに中ブタ、保冷剤まで付いており、まさに、夏用のお弁当箱としての必要な機能性が備わっている。

例えば、冷やし中華やうどんであれば、麺と具材とタレを牛丼や親子丼であれば、ご飯と具材と副菜を分けて入れられる。

もちろん、取り外し可能な仕切りも付いているので、麺や丼ものだけではなく、通常のお弁当箱としても使えます。

外観は丸みを帯びたオシャレなデザイン、カラーも7色用意されているので、男女問わず使えます。

1つのお弁当箱で具材は食べるときにのせる、が実現できる。

麺類や丼ものをお弁当にする場合、ごはんと具材を別の容器に入れるのが一般的。

これだと、荷物はかさ張るし、持ち運びにも少々邪魔だったりします。この点、これが1つのお弁当箱で実現できるというのは、デリカタス キャリーランチボウル フラットの大きな強み。

また、食べるときに具材をのせることができるので、ご飯や麺がベチャつくことないので、何より美味しく食べられるというのは、食べる側にとっても非常に嬉しいところ。

専用の保冷保温バッグ、キャリーポーチも販売中。

デリカタス キャリーランチボウル フラットは元々保冷剤付き。中ブタの上に保冷剤を入れられる仕様になっています。

ところが、暑い夏場はこれだけでは少々不安、という方には、専用の保冷バッグ、デリカタス キャリーポーチも販売されているので、あわせて使うのもおすすめ。

このキャリーポーチ、内側にはシルバーコーティングが施されており、これが、保冷、保温効果を高めると同時に、汚れをサッと拭き取れるようになっています。

暑くなるこれからの時期でも、美味しいお弁当を安心して食べるために、デリカタス キャリーランチボウル フラット、おすすめです。

デリカタス キャリーランチボウル フラット
・カラー 7種(ベージュ/イエロー/ピンク/レッド/グリーン/ミント/ネイビーブルー)
・サイズ φ15.5×H11.6cm
・容量 中段:400ml/下段:385ml/たれ容器:60ml
・素材 中段・下段・仕切り・たれ容器本体:ポリプロピレン/フタ:ABS樹脂/中フタ・たれ容器フタ:ポリエチレン/外容器:AS樹脂
・付属品 保冷剤
・食洗機 使用不可
・電子レンジ 蓋、中蓋、たれ容器を外せば可
・原産国 日本
・JANコード/ISBNコード:4958106916977

※商品名 デリカタス キャリーポーチ
・カラー 7種(ベージュ/イエロー/ピンク/レッド/グリーン/ミント/ネイビーブルー)
・サイズ W25×D12×H18cm
・材質 綿60%、ナイロン40%、ポリエステル樹脂綿、ポリエステル(シルバーコーティング)
・JANコード/ISBNコード:4958106914164

人気の記事

  1. 水やりの面倒くささを解消、キューブ 自動給水プランター(ボスケ)
  2. アイスバーメーカー(like-it)
  3. ビールアワースタジアム マグナムブラック(タカラトミーアーツ)
  4. Getダニ捕獲シート
  5. 汗染みをガードするシャツ

アーカイブ

PAGE TOP