ひとこぶ楽だ(ミカサ)

理想の背筋の鍛え方を実現、高齢の方でも使える背筋トレーニンググッズ。

高齢になるほど難しいとされる背筋のトレーニング、
理想の背筋の鍛え方が座ったままでできる「ひとこぶ楽だ」。

高齢になるほど弱まっていくのが筋肉。負荷を掛けてトレーニングすること、いわゆる筋トレをして、ある程度筋肉を維持しておきたいのは、高齢者にとっても同じ。

中でも背筋は、歩行など日常生活にも大きな影響を及ぼす大切な筋肉。にもかかわらす、鍛え方が難しいとされる筋肉の一つ。

背筋の鍛え方としては、うつぶせの状態で上半身を上げ下げするのが一般的ですが、高齢の方や腰痛持ちの方にとっては、少々難しい動作。

それを座ったままで簡単に背筋を鍛えることができるように開発されたのが、ひとこぶ楽だ、というトレーニンググッズ。ミカサから販売されています。

ひとこぶ楽だは、特殊な形・素材で作られたボールを背中に背負って使うタイプ。ボールといっても、独特の柔らかさで適度な反発もあるため、バランスボールとは全く異なり、安定感のある使い心地。

背中に背負ったボールとイスを挟んで使用するもので、座ることができる人であれば、誰でも無理なく使えるように設計されており、高齢の方や腰痛持ちの方も対象。

背負ったボールを椅子に押し付けて戻る、という反復運動するだけ、と使い方も簡単。たったそれだけで、背筋の筋力の向上、猫背などの姿勢の矯正、背中の痛みや、腰痛に対してのリハビリの効果が得られます。
※痛みのある方は医師に相談の上で使用することをお忘れなく。

ひとこぶ楽だを背負って、イスに座ってトレーニング、目安は1日10分。

ひとこぶ楽だの最も基本的な使い方としては、イスに座ったまま、ボールを背もたれに押し付けて離す、その反復運動。目安は1日約10分。テレビを見ながらでもできてしまうほど簡単。

たったこれだけの動作にもかかわらず、トレーニングマシンで約20kgの負荷をかけたのと同じ筋力活動量。これで姿勢筋と呼ばれる、姿勢を正すために必要な背筋が鍛えられます。

また、背筋のほかにも、腹筋を鍛えたり、ストレッチなどにも使用できるので、この辺りは、購入時に付属されるDVDを見れば、使い方が広がります。

ひとこぶ楽だは、広島大学とミカサの共同研究により開発、商品化されたもの。特にミカサは、バレーボールの世界的メーカーであることで知られており、天皇杯・皇后杯・Vプレミアムリーグなどの公式試合球を提供しているほど。

いってみれば、大学というリハビリの現場とスポーツ用具に長けたメーカーの技術が、結集された本格的なトレーニンググッズといえ、安心して使うことができます。

正しく美しい姿勢を保つために必須の背筋のトレーニング。簡単に、かつ、理想の背筋の鍛え方ができる「ひとこぶ楽だ」で、毎日10分の背筋トレーニング、始めてみませんか?

※商品名 ひとこぶ楽だ(ミカサ)
・材質 ボール:合成ゴム/ベルト:ポリエステル、ナイロン、天然ゴム、ポリウレタン
・適応サイズ 胸まわり70~105cm
・耐荷重 300kg
・付属品 サイズ調節ベルト、空気入れ、メジャー、DVD
・製造国 日本製
・品質保証 1年
・JANコード/ISBNコード:4907225257065

人気の記事

  1. ちょっと変わった壁掛け時計
  2. 3Dペン 3Doodler create(ナカバヤシ)
  3. 一人分のカレーが電子レンジで簡単に作れるポット、レンジdeカリー
  4. 歯ブラシ除菌器 ポータブルシリーズ(エセンシア)
  5. イデアコ アンブレラスタンド エンタシス

アーカイブ

PAGE TOP