手紙で写真を送るときに使いたい、フォトスタンドになる封筒。

phocado(フォカド)

封筒がそのままフォトスタンドになる、
送って喜ばれる封筒、phocado(フォカド)。

写真もメールやLINEで簡単に送れる時代になりました。そういう時代だからこそ、写真を送る際に相手方に喜んで貰えるのが、現像した写真に一筆手紙を添えて送ること。ポストを覗いて、手紙が届いているときの嬉しさは想像以上です。

今回ご紹介するのは、写真を送るときにおすすめの封筒、phocado(フォカド)、という商品。封筒や名刺、紙製品の総合メーカー、山櫻から販売されています。

このphocado(フォカド)、受け取った封筒が、そのままフォトスタンドになるというもの。受け取った側がフォトスタンドを用意する必要もなく、そのまま直ぐに写真を飾ることができるようになっています。

送ることのできる写真のサイズは、L版まで。ポストカードであれば、105×155mmより一回り小さいサイズまで可能。

送る側も、受け取る側も簡単な作業な済むところに、
紙製品の総合メーカーの配慮がうかがえます。

封筒でフォトスタンドが作れると聞くと、折ったり曲げたり、何だか作業としては難しそうに聞こえます。

ところが、そこは元々紙製品の総合メーカーが考案した商品であるだけに、非常に簡単な作業で済むように設計されています。

受け取った側は、メッセージカードを切り取り、スタンドを引き出すだけで、飾れる状態に。面倒な作業は一切必要ありません。もちろん、フォトスタンドの作り方も封筒の内側に記載されています。

封筒の種類は5種類。ドット、ロココ、ウッド、ボーダー、プレーン、相手の好みを想像しながら選ぶのも楽しみの一つ。

手紙で写真を受け取った相手の方の喜ぶ顔、これを倍増させるサプライズ封筒として、phocado(フォカド)、おすすめです。

※商品名 phocado(フォカド) ロココ(山櫻)
・販売単位 1パック(2枚入り)
・内容物サイズ 210×297mm
・フレームサイズ 155×105mm(窓117×79mm)
・外形サイズ 215×332mm
・封筒デザイン 4種類(ドット、ロココ、ウッド、ボーダー、プレーン)
・JANコード/ISBNコード:4571105921843 ほか