ドレッシング用の入れ物に最適、ミニプレップボウル

手作りドレッシング用の入れ物として最適、押すと注ぎ口ができるミニボウル。

見た目は小さくオシャレなボウル、
押すと、ヘコんで注ぎ口ができる便利なボウル。

家庭でサラダ用のドレッシングを手作りしている方に、おすすめのボウルが、ミニプレップボウル、という商品。アメリカのキッチンブランド、Chef’nから販売されています。

このミニレップボウル、直径約7cmほどの小さなボウル。見た目は、単にミニサイズの可愛らしいボウル。

ところが、本体が柔らかい素材でできており、両脇を持って少し力を入れると、不思議なことに、注ぎ口がポックリ現れるようになっています。

注ぎ口ができるので、ドレッシングなどをボウルで作って、そのまま食卓においても、液ダレの心配をせずに使える、というもの。

作ったボウルから、食卓用の入れ物に移す必要もなく、また、小さなお子様でも中身をこぼして、テーブルを汚す、という心配もなくなります。

ミニレップボウルは、押すと注ぎ口ができるという不思議な作りであるほか、その見た目も、鮮やか、かつ美しい色合いとデザイン。グリーンやイエローとホワイトは、サラダのドレッシングにピッタリ。

食卓を楽しくするをコンセプトに、料理研究家が起ち上げた、
アメリカのキッチンブランド「Chef’n(フェフィン)」。

ミニプレップボウルセットは、「Chef’n(フェフィン)」という、アメリカのキッチンブランドによって製造・販売されています。

Chef’n(フェフィン)は、料理研究家であるDavidHolcomが起ち上げ、創立以来、30年以上、食卓を美しく、便利に、楽しく飾るアイテムを、世に送り続けています。

単に、デザイン性に優れているだけではなく、料理研究家ならではの、機能性にもこだわった商品群は、世界中に多くのフアンを抱え、販売網を伸ばし続けています。

アメリカのスターバックスでは、Chef’n(フェフィン)社が製造したタンブラーなども販売されており、その実績も申し分なし。

健康のこと考え、美味しいものを自分で作る、という考えの元、家庭でドレッシングを手作りする方も増えているようです。そういう方に、おすすめのミニプレップボウルセットです。

※商品名 ミニプレップボウルセット(Chef’n)
・サイズ 68×68×70mm
・材質 ポリプロピレン、エラストマー樹脂
・耐熱温度 110℃
・重量 約123g
・食洗機 使用可
・目盛 15ml(大さじ1)、30ml(大さじ2)の目盛り付き。

人気の記事

  1. ボトル電気ケトル Z60(SEIWA)
  2. アートペン ボードスティックス
  3. 1人暮らしの方にもおすすめのブレンダー、ビタントニオのマイボトルブレンダー。
  4. 忘れ物対策タグ、FIND
  5. お財布にコレがあれば怖くない

アーカイブ

PAGE TOP