目覚ましは光よりも音

目覚ましは「音」よりも「光」、光を浴びれば起きるのが楽になる。

光を浴びれば、目覚めを促す脳内物質が活性化、
目覚ましには、これを利用しない手はない。

目覚まし時計が大きな音を立てて鳴り響く。うるさいなと思いつつも、人間は大きな音の中でも眠れてしまいます。

それは、音では本当の意味では身体が起きないことを証明している、というのが、最近の研究結果で判ってきています。

では、どうすればよいのか、ということになりますが、ズバリ、答えは「光」。
光を浴びることで、脳内物質が活性化され、心地よく目覚めることができるようになっています。

実際に、起床時間にアラームが鳴り響くと、大きな音に対してイライラすることさえあります。

ところが、光の場合には、まぶしいと感じつつも、そこまで、イライラすることなく、かえって清々しい目覚めになることは、旅行先での朝などを思い浮かべれば、思い当たる方も多いのではないでしょうか。

そういう意味で、最近では光を使った目覚ましが注目を浴びており、実際に、販売も好調なようです。

最大20,000ルクスという明るさ、
起床時に強い光を浴びることができる「光目覚し時計 inti」。

最近では、光を使った目覚ましが多数販売されていますが、中でも人気なのが、光と大音量の最強目覚しinti4(インティ フォー)

目覚まし時計は”音”から”光”の時代へ!最先端の目覚まし時計とは

光を目覚ましにして、光を浴びて起きればよい、となると、部屋の電気を付ければよいのでは?という疑問も沸いてきます。

ところが、人間を目覚めさせ、体内時計をリセットするためには、やはり、それなりの明るさは必要とされています。求められる明るさの数値は、約2,500ルクスという照度。

これは、コンビニなど店舗の照明が1,500ルクス程度であることを考えると、一般的な家庭では到底届かない明るさ。

この点、光目覚し時計 inti SQUAREは、最大で20,000ルクスという明るさ、光源から30cm程度離れても、3,500ルクスという照度を実現しています。
気になる紫外線もほとんど出さないため、安心して使用することができます。



カーテンの自動開閉機、朝日が昇る時間に、カーテンを開けて光を取り入れるタイプ。

光目覚し時計 inti SQUAREは、従来型の目覚まし時計に、光を発すると機能を付けたもので、ベッド脇に置いて使うタイプ。

一方、カーテンを開けることで、朝日を取り入れて目覚ましとする、いわゆるカーテンの自動開閉機が「めざましカーテン mornin’」という商品。

まず、手のひら程のサイズの本体をカーテンレールに取り付け、この際、工具や道具は不要。ワンタッチで非常に簡単な作業で済みます。

後は、iPhoneやスマホと連動するので、手持ちの機器で時間をセット。
設定した時間になると、カーテンを自動で開けてくれる、というもの。

これまで、目覚ましの音では、なかなか起きられず、起きても気分がすぐれなかった、という方でも、光を使って、それらの悩みが無くなった、という声も多いほど。

今後ますます流行る可能性のある、光を使った目覚まし。光で起きて、気持ちの良い一日をスタートさせましょう。

※商品名 めざましカーテン mornin’(株式会社ロビット)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 激落ち おそうじスリッパ Lサイズ(レック)
  2. BeeYond 転倒防止 バスマット
  3. ウエット手袋なでなで(本田洋行)
  4. 水に溶ける紙 シークレットエコペーパー BasicClass(ヨウコウ・プランニング)
  5. 小規模オフィス社員食堂設置サービス

アーカイブ

PAGE TOP