珪藻土バスマットの手入れ、吸水力が落ちてきたら

珪藻土バスマットの手入れ、吸水力が落ちてきたら表面の見えない汚れを落とすこと。

日本製で高評価レビューが多い、「UB足快バスマット」の場合、
吸水力が落ちてきたら、クレンザーで表面についた皮脂や汚れを落とすこと。

珪藻土バスマットの人気の理由の一つが手入れが簡単なことですが、吸水力が落ちてきたら、どうすればよいのか、というのは、初めての方や説明書を捨ててしまった方には、気になるところ。

これは、販売されている各メーカー、各商品によって多少異なります。
例えば、宇部興産建材が秋田県産の珪藻土を使って商品化した、UB足快バスマット
マットの柄も豊富に用意されており、自宅用のほか、プレゼント需要も多いとか。

この、UB足快バスマットが推奨する手入れ方法は、まず、使用後には壁に立掛けておくこと。
これにより、乾燥をさらに早め、汚れが付きにくくなります。

家族の人数が多いなど、使用頻度が比較的高い場合には、週1回程度で陰干しすることが推奨されています。
マットが汚れてきた場合には、固く絞った布で汚れをふき取ります。

使用開始直後に比べて、吸水力が落ちてくるのは、皮脂やソープの成分が付着し、珪藻土独特の穴を塞ぐのが原因。

その場合には、水で濡らしてから、クレンザーを使ってスポンジで磨く
ポイントは、クレンザーの成分を残さないように、しっかりと洗い流すこと。後は、陰干しすればOK、といったところ。
漂白剤やカビ取り剤は使用出来ない点には、注意が必要。

UB足快バスマット(宇部興産建材)
・サイズ 425mm×575mm×9.5mm
・重量 1.8kg
・材質 珪藻土、消石灰
・枠溝幅/枠溝深さ 3mm/0.5mm
・JANコード/ISBNコード:2500000072406 ほか

「珪藻土足晴バスマット(あっぱれ・弊社取扱い商品)」の場合、
吸水力が落ちてきたら、15分程度天日に当てること。

弊社でも取扱いのある、珪藻土足晴(あっぱれ)バスマットの場合、表面の吸水力が落ちてきたら、15分程度の天日干しがメーカーから推奨されています。

ただし、注意したいのは、天日に当てる時間。
珪藻土で作られたバスマットだけに、長時間、日に当てることで、マット自体が曲がってしまったり、反り返ってしまいます。
そのため、10分~15分を目安にすることをお忘れなく。

※珪藻土足晴バスマット(あっぱれ)
・商品サイズ 550×400×10mm
・材質 珪藻土、消石灰、パルプ
・カラー ベージュ(素材色)
・重さ 約1.9kg
・JANコード/ISBNコード:4534623187320

珪藻土バスマット、普段の手入れは、陰干しが基本ですが、
まずは、使用後に壁に立掛けておくだけでも違います。

ネット通販はもちろん、テレビ・ラジオ・カタログ通販で、相変わらず人気の珪藻土バスマット。

梅雨時のせいか、ラジオを聞いていると、ショッピングやCMなど、珪藻土バスマットという言葉を聞かない日はないほどです。

この珪藻土バスマット、実際に使ってみれば布製のバスマットと大違い。
お風呂上りに足を乗せた瞬間に乾きはじめる、初めての方にとっては未知の体験。

いつでも乾いている状態なので、衛生的にも優れており、洗濯の必要もなく、手入れも非常に簡単、デメリットのない商品といえるほど。

とはいえ、珪藻土バスマットは非常に人気の商品でもあるせいか、様々なメーカーから、様々な種類のものが販売されています(弊社でも取扱っています)。
当然、手入れに関する説明についても、各商品ごとに少々異なります。

使った後は、すぐに立掛けておいて、時折陰干し、が原則。
吸水力が落ちてきたら、上記のように各メーカー推奨の手入れを施し、せっかく購入した珪藻土バスマット、しっかり手入れをして長持ちさせましょう。

人気の記事

  1. 暑さ対策に CCT冷感タオル
  2. イージーペイントローラー(ホクシン交易)
  3. Warm パタッとスノコ レギュラー
  4. カングルスツール(ヴァリアス)
  5. クリンスイ タンブラー(三菱ケミカル)

アーカイブ

PAGE TOP