DAKKOLT ダッコルト(ママエイト)

片手抱っこ用のベルト、片手抱っこが楽にできるようになります。

小さなお子さんと買物に出掛けた。お子さんは、行く道は張り切って自分で歩いていたものの、荷物を持つ必要がある帰り道に限って、疲れて抱っこをせがまれる。

お子さんを抱っこしながら、荷物を持つのは、重たいのはもちろん、抱っこする側にも余裕が無くなり、非常に危険でもあります。

そこで今回は、片手で抱っこ、をサポートするためのベルトをご紹介します。お出掛けの際にバックに入れおけば、「抱っこー」の声に恐れることがなくなります。

体重18kgまでのお子さんを、片手で楽に抱っこできる、DAKKOLT(ダッコルト)。

お子さんを抱っこする際に、それをサポートしてくれるのが、抱っこひもやおんぶ紐。通常、これらは両肩に掛けて使うタイプのものがほとんどです。

もっと手軽に、片手で抱っこしたいときに便利なのが、DAKKOLT ダッコルト(ママエイト)という、片手抱っこ用のサポートベルト。ママエイトから販売されています。

このDAKKOLT(ダッコルト)は、お尻を当てる座面パット付のベルト。

お子さんのお尻に座面パットをあてて、バックルとゴムを使ってベルトを固定することで、スムーズに楽に片手抱っこができる、というものです。

DAKKOLT ダッコルト、のおすすめポイントは、
・お子さんを楽に片手で抱っこできること。
・対象年齢が、1~4歳と幅広いこと。
・コンパクトに折りたためて、軽量であること。
・一人で装着できること。
・洗濯機で丸洗いできること。

DAKKOLT ダッコルトが使える対象は、1歳~4歳まで。体重でいえば、10kg~18kgまでのお子さんに使用することができます。

お子さんとお出かけの際には、カバンに入れておきたいベルト。

DAKKOLT ダッコルトは、使わないときには、折り畳んでおける仕様。そのサイズは、約30cm×10cmと非常にコンパクト。重さも約160gと軽量。

出掛け先でお子さんから、突然抱っこをせがまれたときのために、カバンやリュック、バッグなどに入れておいても邪魔になることがありません。

使用の際には、一人で装着することが可能。ベルトの長さを調節もできるし、ベルト着用時の脱落を防ぐためのバックルとゴムもついています。

汚れたときには、洗濯機で丸洗いすることもできるので、汚れることを気にせずに使うこともできます。

可愛らしくもあり、悩ましくもある、「抱っこ~」というお子さんの声。DAKKOLT ダッコルトがあれば、存分に片手抱っこしてあげることができそうです。

※商品名 DAKKOLT ダッコルト(ママエイト)
・折りたたみ時サイズ 約30cm×10cm
・使用時サイズ 約160cm×16cm
・重量 160g
・製造 日本
・対象年齢 12ヶ月~48ヶ月
・カラー 3種類(ブルー、レッド、ベージュ)
・素材 本体生地:綿100%/滑り止め:ポリエステル100%(樹脂部分はアクリル系)/中綿:ポリエステル100%ドミット芯/ベルト:ポリプロピレン100%/ベルト結束用ゴム:レーヨン80%、生ゴム20%/バックル:ポリアセタール樹脂/バックル着脱防止ゴム:ポリエステル100%

人気の記事

  1. 2016年の夏も熱い、熱中症対策を忘れずに。
  2. イギリス ニューキャッスル生まれの紅茶ブランド、ティーシェッド
  3. 熱中症には「隠れ脱水」にも十分な注意を。
  4. 自動車用 チャイルドモニター CHM-Y001(ポップニート株式会社)
  5. 電子メモパッド ブギーボード BB-2(キングジム)

アーカイブ

PAGE TOP