サーフワックス

サーフワックス、おすすめは熱に強く、車の中や炎天下でも溶けないグリーンフィックス。

サーフワックス、おすすめは「溶けないグリーンフィックス」。グリーンフィックスなら、暑い車の中でワックスが溶けてドロドロに、なんていうことが無くなります。

冬の間は寒さに耐えられず、しばし休憩、というサーファーの方にとっては待ちに待ったシーズンイン。日本でも気温や水温も徐々に上がってきており、ようやく本格的なサーフシーズンを迎えようとしています。

一方で、毎年のことながら気温の上昇とともに悩みのタネとなるのが、サーフワックス。おもに蝋を主成分とするサーフワックスは熱に弱いという特性を持っており、これがサーファーの方々の頭の痛い所。

というのも、せっかく塗ったワックスが熱で溶けてドロドロになってしまい、ベースから塗り直し、なんてことや、車や倉庫の中に入れておいたワックスがベチョベチョになってしまったり、ととかく熱に弱いワックスに苦い経験をお持ちの方も多いのでは?

そういう方におすすめなのが「熱に強い」サーフワックス、フランス生まれの「グリーンフィックス」ブランドのワックス。

このグリーンフィックス サーフワックスは最高70℃(種類により異なりますのでご注意ください)まで溶けないという独自の製法で作られたもの。

このグリーンフィックスの発売のきっかけは、サーファーへのアンケート。多くのサーファーが抱える悩みとして常に上位にランクされるのが「サーフワックスが熱に弱いこと」。フランス人のデイミアン・ホルケスは、このサーファーの悩みを何とか解決できないか、とワックスづくりに挑戦。

サーフワックスの成分や製法を独自に開発、熱に強いワックスの開発に成功。デイミアン・ホルケスの作ったこのサーフワックスは、発売直後から瞬く間に人気を呼び、フランス国内はもちろん、世界中にその愛好者を増やしています。

日本でも発売5年目。熱に強いという特徴のほか、抜群のグリップ力、さらに環境に配慮された成分だけで作られていることもあり、その良さが口コミで広がり、現在ではプロボーダーにも愛用されるまでになっています。

今シーズンのサーフワックスに、グリーンフィックス、おすすめです。

グリーンフィックス日本版公式サイト

グリーンフィックス 日本版ブランドサイトはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. ウエット手袋なでなで(本田洋行)
  2. 指紋認証式の家庭用耐火金庫 CPS-FPE-A4(日本アイエスケイ)
  3. ポータブル 3way冷蔵庫 COMBICOOL(DOMETIC)
  4. ブライトーンスイス(BRIGHTHORN SWISS)
  5. サメによる事故を防ぐための、サメ避け用のバンド、シャークバンズ。

アーカイブ

PAGE TOP