火事でも燃えない袋、大事なものを保管しておけば安心なガラス繊維製の防火袋。

安心保管袋防炎タイプ(アスカ)

考えたくはありあませんが、万一火事に見舞われてしまった場合でも、お金や通帳、印鑑などの本当に大事なものまでは燃やしたくありません。

そのためには大事なものは日頃から燃えない環境下に保管しておく必要があります。

そこで本記事では燃えない袋、防炎性能を備えた保管用の袋をご紹介しています。

これを使えば、万一炎に包まれてしまった場合でも、袋の中に入れた大事なものが火から守れるようになります。

ガラス繊維を使った燃えない袋、安心保管袋 防炎タイプ A4サイズ FP200。

炎に包まれても袋の表面が焦げる程度。中身までは燃えないというのが、安心保管袋 防炎タイプ A4サイズ FP200という商品。

通帳、現金、印鑑などを火災時の火から守ってくれる燃えない袋、事務機器などのメーカー、アスカから発売されています。

袋タイプなので場所を取らず、金庫と違って手軽に使える点が便利な商品。

袋の大きさはA4版。通帳や書類、印鑑など最低限必要なものだけを入れるのにちょうどよいサイズ。

もちろん、大事なものを燃えない袋に入れて、さらに金庫に入れておけば二重の防炎対策にもなります。

安心保管袋防炎タイプ FP200のおすすめポイント。

安心保管袋 防炎タイプ A4サイズ FP200のおすすめ理由は、

  • 防炎性能つきで、大事なものを火から守れること。
  • 袋自体が自己消火機能を備えていること。
  • 金庫よりも手軽に使えること。
  • 防炎製品性能試験の基準に適合していること。

使う側にとってこの類の商品を選ぶ際に注意すべきは、防炎機能の信頼度です。

その目安の一つになるのが、公的な第三者機関による性能試験をクリアしているかどうか。

その点、安心保管袋は、公益財団法人である日本防炎協会による性能試験の基準に適合しており安心して使えるといえます。

参考 防炎物品:防炎物品性能試験公益財団法人日本防炎協会

また、袋タイプで軽量であることで、重たい金庫と異なりサッと持ち出せる点も魅力的です。

※商品名 安心保管袋 防炎タイプ A4サイズ FP200(アスカ)

サイズ A4(幅30×高37cm)
重量 485g
カラー シルバー
素材 表地:ガラス繊維/裏地:綿
備考 日本防炎協会の防炎製品性能試験基準に適合。
品番 FP200
JANコード/ISBNコード 4522966313292

防炎性能とは、焦げる程度で延焼を防ぐ性能のこと。

防炎性能を備えた安心保管袋 防炎タイプですが、実際に火に触れるとどうなるかというのは気になります。

その点、火に触れると、直接触れた箇所は焦げる程度。そこから、生地の持つ自己消火する力が働き延焼を防ぐようになっています。

生地の素材はガラス繊維、いわゆるガラスファイバーと呼ばれるもの。チャック部分には防炎カバー付き。

大切な書類や通帳、印鑑や現金などの大事なものを保管するのに最適な袋というわけです。

袋タイプなので耐火金庫より手軽に使えるのが魅力。

通常、大事なものを火災から守るための保管には耐火金庫などが使われます。

ところが、金庫となると置き場所を確保する必要があります。また、耐火性能のある金庫は値段もそれなりに高額になります。

そういう意味では、この安心保管袋 防炎タイプは袋の形。置き場所に困ることがありません。

例えば、ハンガーに掛けてクローゼットの中に置いておいてもよいわけです。

また、実勢価格でも5,000円前後で耐火金庫と比べても購入しやすい価格といえます。

もちろん、保管袋に入れてから金庫に入れておけば二重の備えにもなります。

安心保管袋 防炎タイプの口コミや感想は?

安心保管袋 防炎タイプは、火災の際でも大事なものを守ってくれる点で心強い商品です。

とはいえ、実際に使ってみた方の評価や評判は気になります。

良い口コミ。

書類やアクセサリーを入れるために購入。丁度良い大きさで、自宅の金庫にも軽く曲げて入れられました。
ファスナーでなくマジックテープ式なので袋としては使いやすい。思ったよりは厚みがあり中身もそれなりに入ります。
生地に厚みがあってしっかりしている。もしもの時の備えとして安心できます。会員カードや通帳、大事な通知封書などを入れています。

さすがに、火災から大事なものを守るという本来の機能をレビューをしている方はいらっしゃらないようです。

袋としては思ったよりも厚みがあって丈夫そうという声が見受けられます。

イマイチの口コミ。

思っていたよりも容量が少なくて、ワンサイズ上の製品にすれば良かったと後悔してます。

やはり実際に使う機会のない商品であることもあり、商品の性能などに満足できなかった方というのはいらっしゃいませんでした。

ただ、サイズに関しては多少不満に思われた方もいます。

購入する際にはサイズをしっかりと確認するようにしましょう。A4サイズとA5サイズの2つが発売されています。

袋に入れる予定のものを予めリストアップして合うサイズを選ぶようにしましょう。

ほかにも備えたい火災対策商品。

通電火災を予防するグッズ。

地震の揺れを感じると自動的にブレーカーを切り、通電火災が防げるグッズ、家庭用におすすめの消火器。

軽くてスタイリッシュなデザイン、噴射されるのが液体で後片付けが楽な中性消火器 キッチンアイ

火元に投げるタイプの消火器

火が燃え上がってしまったら投げればよいという消火器、ファイテック・消化用具 投てき用
ファイテック 投てき用消火用具 FT01(アイリスオーヤマ) 投げるタイプの消火器、軽くて、場所を取りません。

揚げ物調理中に火がついてしまったときのための消火グッズ。

袋ごと鍋に入れれば数秒で消化してくれる投げるタイプの消火グッズ、天ぷら火災専用 火の用心棒
家庭用 天ぷら油火災専用 消火用具 火の用心棒(メディプラン) 万が一、揚げ物用の油が燃えてしまったときのための消火用具。

まとめ。

いかがでしたか?

本記事では火災から大事なものを守るための防炎性能を備えた安心保管袋防炎タイプ FP200を紹介しました。

火事を始めとする災害への備えは、ついつい後回しにしがちです。

袋に入れるだけの、安心保管袋 防炎タイプ A4サイズ FP200であれば袋に大事なものを入れるだけで直ぐに備えることができます。

これを機会に導入を検討されてみてはいかがでしょうか。