音嫌い5号(日本ロックサービス)

大音量の防犯ブザー、スプレー式なので鳴らしやすいのが特徴です。

空き巣やひったくり、痴漢の危険を感じた際、一定の効果があるとされているのが、大音量の警告音やアラームを鳴らすことです。

それもあってか、年齢を問わず、携帯用の防犯ブザーをカバンに入れている方が増えているようです。

この防犯ブザーに求められることは、大きな音が鳴ることと、操作が簡単なことの2つです。

万一の際、相手を驚かせ、警告を与え、周囲に伝えるために大音量が必要になります。

また、咄嗟のときに、直ぐに瞬時に音を鳴らせるよう、操作の簡単さが求められます。

今回ご紹介するのは、この2つを兼ね備えた防犯ブザーです。大音量で操作も簡単、もちろん携帯性にも優れた防犯ブザーです。

咄嗟のときでも、操作しやすい、スプレー式の防犯ブザー「音嫌い5号」。

一般的に防犯ブザーというと、スイッチを押したり、紐を引っ張ることで、音を鳴らすタイプのものが多いようです。

ところが、スプレー式という、ちょっと珍しいのが、音嫌い5号という防犯ブザー。防犯スプレーともいえるもので、日本ロックサービスから発売されています。

虫除けスプレーのように、頭頂部を押すことで、音が鳴るというもの。
日常的に使っているスプレー式だけに、咄嗟の際にも、迷わずに操作ができるという意味では、魅力的な防犯ブザーといえます。

音嫌い5号、のおすすめポイントは、
・スプレーのように、簡単に使えること。
・130デシベルと、大音量の警報音が鳴ること。
・電池切れの心配がないこと。
・約20回、繰り返し使えること。
・コンパクトで、持ち歩きに邪魔にならないこと。
・実勢価格が1,000円前後と、手頃な価格であること。

この音嫌い5号は、ガスを使って音を発生させる仕組み。そのため、電池を使わないので、電池切れの心配がありません。

1回2秒の音を鳴らすとしても、約20回は繰り返し使える仕様なので、一度購入すれば、しばらくは使えるようになっています。

警報音量は130dbと大音量。

音嫌い5号から発せられる音量は、多少の個体差はあるものの、130db(デシベル)という大音量。

130dbというと、一般的に、飛行機のエンジンの爆音が120dbとされており、それを超えるほどの大きな音。

メーカーからは「顔や耳の近くで使用しないように」との注意書きがあるほど。相手を驚かせ、警告を与え、かつ周囲に知らせるという役割をきっちりと果たしてくれます。

スプレー式といっても、直径約2.4cm×10cmほどとコンパクトなサイズに作られています。カバンの中に入れても、もちろん邪魔になりません。

万一の際に、直ぐに鳴らせて、かつ、130dbという大音量を発する防犯スプレー 音嫌い5号。1つ用意しておくべき防犯グッズといえそうです。

※商品名 音嫌い5号(日本ロックサービス)
・サイズ 径2.4×全長10.8cm
・容量 ガス:8g
・素材 エアゾール缶:アルミニウム/キャップ部:ポリプロピレン/ガス:HFC134a
・音量 130db(社内調査データ、個体差あり)
・生産 日本
・JANコード/ISBNコード 4936053630344

人気の記事

  1. 暑さ対策に、企業様・団体様向けの大量購入制度もご用意、CCT冷感タオル。
  2. 変わったカッター
  3. テフロン 加工ワンタッチ コンビニマグ(ドウシシャ)
  4. ジュニア プレイメーカー グラモデル
  5. POPキューブTVクッション(コジット)

アーカイブ

PAGE TOP