取替用錠付ドアチェーン(ガード)

外から掛けられる、ドアチェーン。

ドアチェーンを掛けておくことで、鍵の掛かった状態を維持できるとともに、副次的な効果として、「在宅」を感じさせることができます。

というのも、通常のドアチェーンは、来客があった際に、最初からドアを完全に開くのではなく、鍵を掛けたまま、少しだけドアを開けて、相手を確認するためのものだからです。

であるならば、外出時にもドアチェーンを掛けておくことができれば、万一、空き巣に、鍵をこじ開けられたり、ピッキングされたりした場合にも、在宅を感じさせることができ、被害を食い止められる可能性が高くなります。

そこで今回は、外から掛けられるドアチェーンをご紹介します。ドアチェーン自体に鍵が掛けられるのも特徴の商品です。

外から掛けられるドアチェーン、万一、ドアを開けられても、在宅を感じさせられます。

外出する際、外から掛けられるドアチェーンが、取替用錠付ドアチェーン。鍵を中心とした防犯グッズのメーカーであるガードから販売されています。

この取替用錠付ドアチェーンは、外からドアチェーンを掛けることができ、しかも、それが外されることの無いように、ドアチェーン自体に鍵が掛けられるという仕組み。

外出時に、二重の鍵が施されるとともに、万一、鍵を開けられても、ドアチェーンにより、在宅を感じさせらます。

取替用錠付ドアチェーン、のおすすめポイントは、
・外からドアチェーンが掛けられること。
・ドアチェーン自体に鍵を掛けられること。
・既存のドアチェーンとの取り替えで使えること。
・取り付けが簡単なこと。

ドアチェーン自体にも、鍵が掛けられます。

外から掛けられるドアチェーン、冷静に考えると、少々気になることがあります。

というのも、外から掛けられるドアチェーンということは、当然ながら、外から外せるわけです。でないと、帰宅時にドアが開かないことになってしまいます。

そうなると、単にドアチェーンを掛ける、外すというだけであれば、不審者でも、同じことができてしまいます。

そこで、この取替用錠付ドアチェーンには、ドアチェーンを掛けたあと、それが外されることの無いように、別途鍵が掛けられる仕組みになっています。

こうすることで、専用の鍵を持っていなければ、ドアチェーンが外れない、ということになり、しっかりと防犯対策の役割を果たす、というわけです。

取り付けも、既存のドアチェーンと取り替えるだけ、作業もドライバー1本で済むほど簡単。もちろん、新たに穴を開ける必要も無いので、賃貸にお住まいでも、問題なく使用することができます。

もちろん、ドアチェーンをしてあるかたといって、完璧な防犯対策とまではいえないにしても、二重にロックできることに加えて、万一、ドアを開けられても、在宅を思わせることができる、取替用錠付ドアチェーン、設置する価値は大いにありそうです。

※商品名 取替用錠付ドアチェーン(ガード)
・サイズ 縦180×横35mm(ホルダー:縦15×横93mm)
・チェーン長さ 220mm
・重量 287g
・素材 本体:亜鉛合金製、塗装もしくはメッキ仕上げ/チェーン、チェーンホルダー:ステンレス製、カラー品は塗装もしくはメッキ仕上げ/万能プレート、金具:鉄製、亜鉛メッキ仕上げ/キー:真鍮製、ニッケルメッキ仕上げ
・カラー 2種類(シルバー、ブラック)
・品番 585SL ほか
・JANコード/ISBNコード:4944415204447 ほか

人気の記事

  1. 無水調理 専用鍋 シャープ ホットクック
  2. シンブンクリップ(リアライズ)
  3. チルチューブ
  4. スクワティポティー
  5. サーフボードにペイント、自信がないなら、まずはフィンから。

アーカイブ

PAGE TOP