珪藻土バスマットの手入れ、吸水力が落ちてきたら

珪藻土バスマットが乾かないときは天日干しと、試すべきほかの2つの方法。

珪藻土バスマットの魅力は、お風呂上りに濡れた足を乗せた瞬間から乾き始めることです。

ところが、しばらく使っているうちに、乾くのに時間が掛かるようになっていきます。実はこれ、気のせいでもなんでもなく、珪藻土の特性により、ある意味しょうがないものでもあります。

そこで今回は、珪藻土バスマットが乾かないと感じたときに、試してみたい3つの方法をご紹介します。
① 天日干しをする。
② クレンザーで表面の汚れを落とす。
③ 表面を紙やすりで削る。

これらを①から順に試してみると、たいていの場合には吸水力が復活するはずです。以下、順にご紹介します。

ただしご注意いただきたいのは、様々な珪藻土バスマットが販売されていますが、本来は各商品の説明書の用法に沿ってもらうのが一番です。稀に推奨されていない方法として記載されているものもあるので、その辺は各自の責任でお願いいたします。

とはいえ、吸水力の落ちたバスマットは何の役にも立たないものなので、ダメになる覚悟でやってみるというのも一つの手かと思います。

その1 10分ほど天日に干して乾燥させる。

珪藻土バスマットの吸水力を復活させるために、最初にやってみるべきは、天日干しです。

といっても、天日に当てる時間は、約10分から15分だけ。長い時間、天日干ししてしまうと、バスマット自体が曲がったり、反ってしまったりしますので注意してください。

これは、珪藻土に溜まった湿気を取り除くことで、吸水力を復活させるというもの。

というのも、珪藻土には、珪藻土自体が水分を吸収して、それを放出するという、いわゆる調湿機能を持つ特性があります。

この調湿性という特性をバスマットとして利用されているわけですが、一定以上の水分が溜まったままの状態になると、この調湿機能が低下します。

バスマットは浴室や脱衣所に置いたままにすることが多く、これらの場所は、常に湿度が非常に高い場所です。そうなると、許容量を超えた湿気が珪藻土の中に溜まり、なかなか乾かなくなってしまいます。

そこで一度、珪藻土に溜まった湿気を取り除くために、短い時間天日に当てて乾燥させることで、調湿機能を復活させるというわけです。

その2 クレンザーなどで表面を洗って汚れを落とす。

天日干しをして吸水力が戻らないようであれば、次に考えられる理由は、珪藻土バスマットの表面に汚れがついてしまっていること。

実は、珪藻土の表面には、無数の小さな孔(穴)が開いています。この無数の孔から水分を吸って放出するのものですが、やはり使っているうちに、この穴に汚れが溜まってきます。

身体から出る皮脂や汚れ、石けんなどの油脂成分などが孔に溜まることで、水分を吸収する力が落ち、結果として足を乗せても乾かない状態になってしまいます。

そこで、2番目に試してみるべきは、クレンザーなどでバスマットの表面についた汚れを落とすこと。

一度バスマット自体を軽く水に濡らしたあと、クレンザーなどで表面を洗ってあげます。洗ったあとは、濡れた状態になっているので、壁などに立てて陰干し。早く乾燥させるために天日干し、というのは厳禁。あくまで陰干しです。

表面についた汚れが取れれば、やはり給水力が復活するはずです。

その3 紙やすりで表面を削る。

天日干し、クレンザーで洗うを試してみてもダメな場合、最終手段として、紙やすりでバスマット表面を削ると速乾性が復活することがあります。

紙やすりで表面を削るのは、原理としてはクレンザーを使っても落ちなかった汚れを、削ってしまうという原理。汚れが落ちないならば、その孔の層を削り、汚れていない層を表に出すことで、給水力を復活させるというものです。

市販の紙やすりを使って、バスマット全体を万べんなく削る。特に、黒ずんでいる箇所などは念入りに削ります。その後、水で洗い流して、やはり陰干しする。これで、乾きが戻るはずです。

ただし、紙やすりを使って削ると、非常に微細な粉が大量に発生します。周囲が粉で汚れることはもちろん、飛び散ることもあるので、作業時にはマスクをした方がよいでしょう。作業時にはその点の注意が必要です。

もし、これらをやってみても、吸水力が戻らない場合には、買い替えを検討された方がよいかもしれません。

乗った瞬間に乾きはじめる驚きのバスマットが珪藻土を使用した「珪藻土バスマット」。
テレビ・ラジオ・カタログ・インターネット各通販で近年稀に見る大ヒット商品です。

お風呂上り、濡れた足を乗せた瞬間から乾き始めるバスマット。これほど気持ちのよいことはありません。

珪藻土のバスマットを使用することで、一番風呂以外の方が感じていた、バスマットの湿った感じが全くなくなり、いつお風呂に入っても気持ちよく上がれ、足裏の水分をしっかりと取ってくれます。

さらに、珪藻土バスマット、洗濯の必要のないことも主婦の方にとっては大きな味方。それも人気の理由です。

通常の繊維製のバスマットは表面積も大きく厚みのあるタイプがほとんど。しかも、年中湿っているものなので、洗濯回数も多く、洗濯機に入れる際の体積としてもかなり邪魔なもの。その必要がなくなることは、些細なことかもしれないけれど、洗濯する側の身になってみると、非常に嬉しいもの。

もし、まだ珪藻土バスマット、使ったことない、という方には本当におすすめです。

珪藻土バスマット 足晴(あっぱれ)
●商品サイズ  550×400×10mm
●材質  珪藻土、消石灰、パルプ
●カラ-  ベージュ(素材色)
●重さ  約1.9kg
●生産  中国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 吸盤フック ちょこっと右へ60°室内物干し K60-SM(大一鋼業)
  2. キャセロール 電気グリル鍋 YGC‐800(山善)
  3. レンタルトランクルームをお探しなら宅トラ。
  4. ぐっポス(大)(独楽工房)
  5. 見えないペン! 隠恋慕DX2(大王製作所)

アーカイブ

PAGE TOP