珪藻土バスマット

珪藻土バスマット、吸水力が落ちてきたと思ったら、天日干し。

あれれ、直ぐに乾くはずの珪藻土バスマットが、なかなか乾かなくなっちゃった。さて、どうしよう?

これまでの繊維でできたいわゆる「普通のバスマット」の不快な面、面倒な点をすべて解決、ということもあって、ここ数年で爆発的な人気なのが「珪藻土バスマット」。

最初に使用したときにはその速乾性に驚かれる方が本当に多いとか。確かに、お風呂から上がって、バスマットに足を乗せた瞬間から乾きはじめる、という不思議ともいえるもの。

ところが使っていくうちに、なぜか吸水力が悪くなる。乗った瞬間に乾くはずなのに、いつまで経っても乾かない、そういう経験ありませんか。もしかすると、速乾性の効果って最初だけ?なんて疑問を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

珪藻土にはもともと湿気を放出し、適度な湿度を保つという特性があります。その特性を利用しているのが珪藻土バスマット。

このバスマットにはよく見てみると、無数の小さな穴が開いており、そこに水分を吸収し、一定量を超えるとその水分を放出する仕組み。

とはいえ、常に高い湿度にある状態にさらされている脱衣所・浴室周辺に置いておくと、小さな孔の中の湿気が許容量を超えたりと、調湿機能を邪魔することになります。

そこで、一度しっかりと乾燥させてあげることで、その機能が戻るというわけです。その際、天日に当てて約10~15分と、ほんの短い時間で済ませることがポイントです。

長時間天日に当ててしまうと、今度は逆に珪藻土の機能を阻害することにもなりかねませんので、あくまで10分程度。

ちょっと吸水力が弱くなった、という方は、ぜひお試しください。

乗った瞬間に乾きはじめる驚きのバスマットが珪藻土を使用した「珪藻土バスマット」。
テレビ・ラジオ・カタログ・インターネット各通販で近年稀に見る大ヒット商品です。

お風呂上り、濡れた足を乗せた瞬間から乾き始めるバスマット。これほど気持ちのよいことはありません。

珪藻土のバスマットを使用することで、一番風呂以外の方が感じていた、バスマットの湿った感じが全くなくなり、いつお風呂に入っても気持ちよく上がれ、足裏の水分をしっかりと取ってくれます。

さらに、珪藻土バスマット、洗濯の必要のないことも主婦の方にとっては大きな味方。それも人気の理由です。

通常の繊維製のバスマットは表面積も大きく厚みのあるタイプがほとんど。しかも、年中湿っているものなので、洗濯回数も多く、洗濯機に入れる際の体積としてもかなり邪魔なもの。その必要がなくなることは、些細なことかもしれないけれど、洗濯する側の身になってみると、非常に嬉しいもの。

もし、まだ珪藻土バスマット、使ったことない、という方には本当におすすめです。

※珪藻土バスマット 足晴(あっぱれ)
●商品サイズ  550×400×10mm
●材質  珪藻土、消石灰、パルプ
●カラ-  ベージュ(素材色)
●重さ  約1.9kg
●生産  中国

人気の記事

  1. クールタオル、おすすめポイン
  2. 2015 ウィンブルドン タオル 
  3. マルチレコードプレーヤー SAD-9801-K(小泉成器)
  4. 液晶保護、スマピカ。
  5. エレベーター用防災グッズ、簡易トイレ

アーカイブ

PAGE TOP