やわらか珪藻土バスマットSOSA

珪藻土バスマット、デメリットを克服した柔らかタイプ。

珪藻土バスマットは、ここ数年で大ヒットを記録している商品。ホームセンターを始め、テレビ・ラジオ・ネット通販などで、見たり聞いたりしたことがある方も多いはずです。

既に、珪藻土バスマットを使ったことがある方はご存知かもしれませんが、濡れた足を乗せると瞬間的に乾くという、驚異の速乾性は非常に心地よいものです。

反面、デメリットと言えるのが、固いことです。

バスマットといっても、布製のものとは異なり、1枚の固い板であり、珪藻土という材質の特殊性から、落とすと割れたり、また重量もバスマットとしては重たさを感じます。

そこで今回は、この珪藻土バスマットのデメリットともいえる「固さ」を克服した、やわらかいタイプの珪藻土バスマットをご紹介します。従来の布製のマットやクッションのような感覚で使えます。

粉末にした珪藻土を和紙で包む。これで実現した、柔らかい珪藻土バスマット。

一般的な布製のバスやマットやクッションのような、柔らかさが感じられる珪藻土バスマットが、やわらか珪藻土バスマットSOSAという商品。テクノゲートウェイから発売されています。

このやわらか珪藻土バスマットは、従来の珪藻土バスバットの板状のものと異なり、カバーとインナーの2つで構成。

インナーには和紙に包まれた珪藻土の粉末。そしてそれに、ポリエステル製のカバー。足を乗せてもソフトな感触で、落としても割れる心配がありません。

やわらか珪藻土バスマットSOSA、のおすすめポイントは、
・柔らかいタイプの珪藻土バスマットであること。
・吸水速乾性に優れていること。
・板状の珪藻土バスマットのように、割れたり、折れたりしないこと。
・軽量であること。
・カバーが洗濯できるので、衛生的に使えること。

珪藻土の粉末をそのまま使うので、吸水・速乾性も抜群です。

この柔らか珪藻土バスマットは、珪藻土の粉末をそのまま使用していることが、最大の特徴です。

従来の板状の珪藻土バスマットも、粉末状の珪藻土を使用してはいますが、板状にするために、他の成分を入れて固めるための加工しています。

となると、当然ながら珪藻土100%とはならず、その分、給水速乾性が落ちてしまいます。

その点、この柔らか珪藻土バスマットは、粉末をそのまま使用しており、他の成分が混じっていないため、珪藻土の特徴がより活かせることで、吸水・速乾性も抜群、というわけです。

また、粉末をそのまま利用することで、当然ながら固められていません。ですので、落としたり、突起物の上に乗せても割れることがありません。

表側のカバーはポリエステル製。そのため、カバーは洗濯することが可能。衛生的に使えることも、使いやすい点といえます。

従来の珪藻土バスマットも、その吸水・速乾性からいえば、使いやすく便利であることは間違いありません。

が、デメリットであった部分を克服した、やわらか珪藻土バスマットSOSA、より使いやすいことは間違いなさそうです。

※商品名 やわらか珪藻土バスマットSOSA(テクノゲートウェイ)
・材質 インナー:日本製耐水和紙、日本製珪藻土/カバー:日本製吸水速乾ポリエステル100%
・サイズ 約38×32cm×厚さ4cm
・重量 約1200g
・備考 カバーは洗濯可(インナーは洗濯不可)
・その他 Mサイズのほか、合計2種類あり。

人気の記事

  1. 子供用虫除けシャツ
  2. アンダーフューズ
  3. ダニ対策にはGetダニ捕獲シート
  4. ブラジリアン ワックス
  5. モダリ(Modarri)、究極のトイカー

アーカイブ

PAGE TOP