ドア用センサーライト(旭電機化成)

玄関の照明に最適、ドアに引っ掛けるだけで簡単に取り付けられるセンサーライト。

夜間に帰宅して、玄関のドアの前が暗いと、鍵を鍵穴に挿し込みづらいのはもちろん、防犯上も何となく物騒です。

できれば、人を検知して光るようなセンサーライトを取り付けておきたいところです。とはいえ、照明やライトの取りつけとなると、取り付け作業が難しく、少々面倒なイメージです。

そこで今回は、取り付けが非常に簡単な、玄関用のセンサーライトをご紹介します。

これを使えば、玄関ドアに引っ掛けるだけと、取り付け作業が簡単で、しかも乾電池を使用するタイプのため、電気が通っていない場所にも設置が可能です。

玄関の外側、屋外を照らすセンサーライトが、ドアに引っ掛けるだけで設置できる「ドア用センサーライト」。

センサーライト本体に引っ掛け金具がついており、その金具を玄関ドアの上に引っ掛けることで、簡単に取り付けができるのが、ドア用センサーライト ASL-3303、という商品。旭電機化成から発売されています。

工具類は一切不要、ドアや壁に穴を開けたりする必要も無く、とにかく手っ取り早く玄関にセンサーライトを取りつけたいというときにおすすめです。

ドア用センサーライト、のおすすめポイントは、
・ドアに挟み込むだけと、設置が簡単なこと。
・センサーを搭載しているので、自動で点灯すること。
・乾電池を使用するため、電気がない場所でも設置できること。
・実勢価格が2,500円前後と、手頃な価格であること。

点灯は、人の動きを感知して点灯するセンサーモードのほか、常時点灯のONにOFFを加えた3段階での設定が可能。

センサーモードの場合は、点灯してから15秒経過すると、自動で消灯するようになっています。

乾電池を使用するため、電気がない場所でも設置が可能。もちろん、コード類のわずらわしさもありません。

このドア用センサーライトは、取り付けが簡単なほか、ドアにマッチすればどこでも取り付けられるのも魅力的です。

というのも、電気を使わずに、乾電池を使用するタイプ。電気が通っていない場所はもちろん、電気コードがわずらわしさもありません。

使用する乾電池は、単3形が3本。センサーモードで1日15回の点灯で計算すると、約1年2ヵ月ほどはもつほど長寿命。乾電池を頻繁にかえる必要もありません。

玄関ドアの前に照明の取り付けや、センサーライトの設置を検討しているなら、ドア用センサーライト、検討する価値が大いにある商品と言えそうです。

※商品名 ドア用センサーライト(旭電機化成)
・サイズ 約W12.4×H7×D9.6~12.5cm(取付金具含む)
・重量 約125g(取付金具含む、電池除く)
・使用電池 単3形アルカリ乾電池×3個(別売)
・材質 本体:ABS樹脂/透明レンズ部:PS樹脂/取付金具:スチール
・センサー感知距離 最大約2.5m
・電池寿命目安 センサーモード(オート):約1年2ヶ月(1日15回点灯時)/連続点灯:約70時間
・品番 ASL-3303
・JANコード/ISBNコード 4962644940042

人気の記事

  1. 汗染み防止のためのワイシャツ。
  2. プラフレンド
  3. Skitter
  4. Glowide LED デスクライト GW1000-S(プライムサイエンス)
  5. カード型ゴルフティがオリジナルで作れます

アーカイブ

PAGE TOP