ヘッドレストハンガー (カーメイト)

車の中でスーツを掛けられるハンガー。

車を利用しての通勤や、営業に出掛ける方の悩みの一つが、運転中の車の中で、スーツをどう置くか、ということです。

スーツの上着を着たままだと、運転しづらいし、暑い。かといって、シートに置いておくと、シワができてしまう。

そこで今回は、シートに固定できる、車内用のハンガーをご紹介します。立体形状の本格的なハンガーで、スーツをしっかりと掛けておけます。

車内用のハンガー、もう、スーツがシワになりません。

車の座席のヘッドレスト部分に固定して使うハンガーが、ヘッドレストハンガー、という商品。カーメイトから販売されているロングセラー商品です。

ちょうど頭の裏側にハンガーが設置され、そこにスーツやジャケットを掛けておけけば、シワにならずに済むといわけです。

ヘッドレストハンガー、のおすすめポイントは、
・車内でスーツが掛けられること。
・立体形状の、本格的なハンガーであること。
・工具不要で、簡単に取り付けられること。
・耐荷重が2kgと丈夫なこと。
・スーツが床につかない設計であること。

このヘッドレストハンガーは、頭の裏側がスーツの最上部に当たるため、よほど大きなサイズのスーツでない限り、床につかないという、考えられた設計でもあります。

立体形状の本格的なハンガーなので、型崩れすることがありません。

ヘッドレストハンガーは、車内用でありながら、形は立体形状の本格的なハンガーです。

肩の丸みや、襟元の形などにもしっかりフィットするように三次元設計されているので、スーツやジャケットが型崩れすることなく掛けておけます。

取り付けも簡単。本体の金具をヘッドレストポールに掛けてノブを回すして締め付けるだけ。ドライバーなどの道具を一切使わずに作業できるのも嬉しい点です。

耐荷重も2Kgと丈夫なため、重めの生地のスーツはもちろん、ポケットの中身を抜く必要も無く、そのまま掛けることができます。

なお、購入する際には、ご自分の車に取り付け可能かどうかは、確認する必要ああります。

ヘッドレストポールのないシートだったり、シートからボディまでの距離が短い車には取り付けることができません。

車を運転する際、スーツやジャケットを脱いで置いておくと、シワにならないかと何となく気になる。そういう蚊帯に、ヘッドレストハンガー、おすすめです。

※商品名 ヘッドレストハンガー (カーメイト)
・カラー ブラック
・重量 400g
・サイズ H210×W450×D130mm
・材質 ABS、アルミ
・耐荷重 2kg
・品番 EXQ103
・JANコード/ISBNコード 4973007005032

人気の記事

  1. ボタンが取れたときの応急処置に使える便利グッズ。
  2. AutoNail Rabbit(オートネイル ラビット)(リンクカンパニー)
  3. 衣類乾燥機カラリエ IK-C300(アイリスオーヤマ)
  4. アンダーフューズ
  5. パーマネントマーカー100(パイロット)

アーカイブ

PAGE TOP