レジ袋deカンタンちりとり! KAPOTT(八商商事)

レジ袋をチリトリとして使うためのアイデアグッズ、コンパクトなので収納にも収納にも困りません。

ゴミを集めるときに使う道具といえば、チリトリです。ホウキでゴミを集めて、チリトリに乗せてゴミ箱へ、というのが一般的な流れです。

ただ、よく考えてみると、一度チリトリに乗せたものを、さらにゴミ箱に移す作業をしているわけです。

このとき、集めたゴミがこぼれてしまったり、ホコリなどの軽いゴミは飛んでしまったりと、意外と不便に感じることもあります。

そこで今回は、レジ袋をチリトリ代わりに使うためのアイデア商品をご紹介します。

これを使えば、スーパーやコンビニなどで貰うレジ袋をチリトリ代わりにできるので、直接ゴミをレジ袋に入れられるようになります。

挟むだけでレジ袋がチリトリになるアイデアグッズ「レジ袋deカンタンちりとり! KAPOTT」。

プラスチック製の枠にレジ袋を挟み込むことで、レジ袋がそのままチリトリとして使えるようになるのが、レジ袋deカンタンちりとり! KAPOTT、という商品。八商商事から発売されています。

レジ袋をチリトリ代わりにしようと思っても、さすがにそのままではチリトリとしては使えません。

それを、ハンドルを設けるなど、チリトリとして使いやすいような形状にしたのが、このレジ袋deカンタンちりとり! KAPOTT、というわけです。

レジ袋deカンタンちりとり! KAPOTT、のおすすめポイントは、
・レジ袋をチリトリとして使えるようになること。
・ゴミを集めたら、そのまま捨てられること。
・一般的なチリトリに比べスリムなため、収納しやすいこと。
・使い方が簡単なこと。

レジ袋にゴミを集めるので、そのまま捨てられるのが便利です。

通常、チリトリを使ってゴミを集めた場合、それをさらにゴミ箱などに移す作業が必要になります。

ところが、これが少々やっかいで、チリトリに乗せたホコリやごく小さなゴミは、ゴミ箱に移す際に風で飛んでしまうことがあります。

その点、このKAPOTTであれば、レジ袋に直接ゴミ袋を集めるため、移し替えの作業は不要。そのままレジ袋ごと捨てることができるので、そういった悩みもなくなります。

もちろん、ゴミに直接触れることなく処理できる点も魅力的です。

一般的なチリトリに比べてスリムな形、なので、隙間収納も可能です。

このKAPOTT、本体は一般的なチリトリに比べても、非常にスリムな形をしているのが特徴。

一般的餡チリトリは、その独特の形状から収納スペースに困ることもあります。

その点、KAPOTTはスリムなため、ちょっとした隙間さえあれば、収納できるという点も魅力的です。

ここの所、レジ袋の有料化の話も出ています。であれば、せっかく手元にあるレジ袋をチリトリ替わりにすることで、より有効的に活用するというのも一つの手といえそうです。

※商品名 レジ袋deカンタンちりとり! KAPOTT(八商商事)
・カラー マットブラック
・サイズ 高240×幅256×奥30mm
・重量 150g
・素材 ポリプロピレン
・JANコード/ISBNコード 4582147278062

人気の記事

  1. ダニ退治シート
  2. 防犯対策 ホームセキュリティシステム
  3. 大きいメンズ必見、大きいサイズの服専門店。
  4. ダニの駆除に威力を発揮、ダニ捕獲シート。
  5. ワンセグエコTV(ヤザワコーポレーション)

アーカイブ

PAGE TOP