フライパンや鍋を蒸し器として使うための調理グッズ3つ、蒸し器なしで蒸し料理ができます。

フライパンにのせて簡単蒸しプレート(ドーム型)

蒸し器は、家庭用のものでも普通の鍋よりも大きいものが多く収納に困ります。

これが家庭でも蒸し料理をしたいけれど躊躇してしまう理由の一つです。

そこでこのページでは、フライパンや鍋を蒸し器の代わりとして使うためのグッズを3つご紹介しています。

どれも今持っている鍋やフライパンを土台にできるので蒸し器本体が必要のないものばかりです。置き場に困ることがなくなります。

フライパンを使う、フライパンにのせて簡単蒸しプレート ドーム型

1つ目はお家にあるフライパンを使って蒸し調理をするタイプの商品。

フライパンにのせてフライパンにのせて簡単蒸しプレート ドーム型という商品。ヨシカワから発売されています。

普通の蒸し器は、蒸し器本体と蓋、穴の開いたプレートがセットになっています。

ところが、本商品は蓋とプレートだけのセット。

自宅にあるフライパンに穴あきプレートをセット、蓋をして蒸し器の代わりにするというもの。

特徴は、蓋がドーム型になっており深みのあること。

一般的なフライパンは厚みがそれほどありません。そのため食材や器も入れられるものが限定されています。

それを避けるため、蓋を深みを持たせてドーム型に設計されています。そのため、容量もたっぷりになるというわけです。

フライパンにのせて簡単蒸しプレートのおすすめポイント。

  • フライパンを蒸し器として使えること。
  • 使い方が簡単なこと。
  • フタが深みのあるドーム型であること。
  • ステンレス製なので手入れがしやすいこと。

フライパンにのせて簡単蒸しプレートの素材はほぼステンレス製。

衛生的で、使った後の手入れも簡単なのも使いやすい点です。

購入時の注意点としては、フライパンのサイズの確認です。

というのも、フライパンにピッタリと合うようにサイズ別に数種類が販売されています。

22cm~24cm、24cm~26cmなどサイズ別になっています。

せっかく購入しても手持ちのフライパンに合わなかったら使えません。

蒸し器の代わりに使う予定のフライパンのサイズに合ったものを購入するようにしましょう。

※商品名 フライパンにのせて簡単蒸しプレート ドーム型(ヨシカワ)

対応サイズ 内径24~26cmのフライパン(他のサイズあり)
サイズ 直径288mm×高さ116mm
重量 385g
材質 プレート:18-8ステンレス(板厚0.4mm)/フタ:18-0ステンレス(板厚0.5mm)/ツマミ:フェノール樹脂/座板:66ナイロン樹脂
生産 日本(新潟県燕市)
備考 食洗機、電子レンジは使用不可

フライパンにのせて簡単蒸しプレートの口コミ、評判は?

フライパンを蒸し器の代わりに使える点で便利な本商品ですが、実際に使ってみた方の感想や評判は気になります。

良い口コミ。

使ってみて満足された方は、手持ちの鍋やフライパンがそのまま使えることをメリットとしてあげられています。

また、ステンレス製なので手入れの簡単さや、汚れやにおいを気にせず使える点も好評なようです。

26cmのフライパンに合う金属製のセイロを探していました。竹製のものが多くやっと見つけました。ドーム型の蓋がピッタリとして調理時間が今までよりも短くなりました。
蓋がドーム型になってるので高さのある物も蒸すことができました。竹の蒸篭は使っているうちに匂いやカビが気になりますし、この商品を購入して正解だったと思います。
手持ちのフライパンや鍋にセットできて収納場所もとりません。あっという間に蒸しあがり調理時間も短くなり、ガス代の節約にもなります。
わざわざ鍋を買わなくても、手持ちのフライパンにぴったりでした。肉まんも簡単に蒸せました。
蒸籠はかさばるしカビなども気になるためこの商品にしました。実際に使ってみたところとても良いです!手入れも本当に楽です。

イマイチな口コミ。

実際に使ってみたけれどイマイチだったという声はそう多くはありません。

思ったよりも蓋が大きくかさ張るという声が少しある程度です。

これについては、厚みのあるものでも蒸せるように蓋がドーム型になっているのが理由です。

鍋本体がついていないことで蒸し器としてはボリュームが小さくなっています。その点は割り切って購入する必要がありそうです。

蒸し料理ができるのは良いとしても、収納を考えるとかさ張る点が少しマイナスです。蓋も結構ボリュームがあります。

サイズ調整ができる穴あきプレート 万能蒸し器むしーな。

2つ目にご紹介するのは、鍋にセットする穴あきプレート単体のタイプ。

万能蒸し器むしーなという商品。下村工業から発売されています。

普通の鍋には当たり前ですが、蒸し調理をするための穴あきプレートは付属していません。

それを追加で穴あきプレートだけ欲しいときのための商品というわけです。

本商品の最大の特徴はサイズの調整ができること。直径を14cmから23cmまで変えることができます。

そのため、使えるのが1つの鍋に限りません。サイズさえ対応していれば別の鍋で使えます。

万能蒸し器むしーなのおすすめポイント。

  • 手持ちの鍋が蒸し器の代わりに使えること。
  • 直径サイズの調整ができること。
  • 落し蓋としても使えること。
  • ステンレス製で手入れも簡単、衛生的に使えること。

万能蒸し器むしーなは、落し蓋としても使えるのもメリットの一つです。

蒸すときに必要な台はワンタッチで外せます。すると、平らなフタになります。

煮物を作る際に落し蓋として使えるというわけです。

素材はステンレス。ステンレス製であることで手入れも簡単。衛生的に使えるのも魅力的です。

※商品名 万能蒸し器むしーな(下村工業)

本体サイズ 直径14~23cm×高5.5cm
重量 200g
食洗機対応 不可
素材 ステンレススチール
生産 日本
JANコード/ISBNコード 4962336500387

万能蒸し器むしーなの口コミ・評判。

普通の鍋を蒸し器として使える便利な万能蒸し器むしーなですが、実際に使った方の感想や評価は気になるところです。

良い口コミ。

はかまの無い板だけのタイプはよく見かけますが、この商品はかま付きでとても使いやすいです。
ワンタッチで取り外しできる円形の土台がつきで、これがあれば幅広いサイズのお鍋が蒸し器になり、落し蓋も出来ます。簡単に分解できるので手入れも楽で衛生的に使えます。
平らに広がるので広い面積で使えます。ハネを台足から外すと落とし蓋になるのは便利です。

良い口コミをされている方は、普通の鍋を蒸し器代わりに使えることはもちろん、プレートサイズの調整ができる点を評価されているようです。

また、プレートに台座がついており使いやすいこと。

さらに、台座を簡単に外して落し蓋として使える点にも満足されているようです。

イマイチな口コミ

足が低く水を多く入れる必要がある時は食器をかませる必要があります。もう少し高さが欲しかったです。

上げ底用の台座の高さが足りなくて使えませんでした。

購入したけれどイマイチだった方がその理由としてあげているのが、台座の高さです。

鍋底からの高さが足りず、食材が水に浸かってしまうという声がありました。

この点については、特に不満を感じずに使っている方もいらっしゃいます。

台の高さは5cmほどです。普通の鍋を蒸し器として使えるメリットとご自身の使い道を比べてみることが必要かもしれません。

鍋に掛けて使う ネストスチーム。

最後にご紹介するのは、ここまでの2つとは違って鍋に引っ掛け使うタイプ。

ネストスチームという商品。ジョセフジョセフ(JosephJoseph)ブランドから発売されています。

通常の蒸し器は、蒸すために穴あきプレートを置き、その上に食材を乗せて使います。

ところがネストスチームは、鍋の縁にカゴを引っ掛けるようなイメージ。

よくラーメン屋さんで見かける、1人前の麺を入れて茹で上がったらカゴ(ザル)ごと取り出す感じ。

それを家庭で食材を蒸したり茹でたりするときに使えるようにしたもの。底面には穴あき。

ネストスチームの最大の特徴はカゴが3つセットになっていることです。

もちろん、1つの鍋の周囲を使って3つ同時に使えます。

そのため、蒸し時間や茹で時間の違う食材も1つの鍋で調理できるというわけです。

ネストスチームのおすすめポイント。

  • 普通の鍋で蒸し料理ができること。
  • 1つの鍋で調理時間の異なる3つの食材を調理できること。
  • 3つのカゴのサイズがそれぞ異なるので使い分けができること。
  • 3つ重ねられるので収納場所をとらないこと。
  • シリコン製なので手入れが簡単なこと。

ネストスチームの3つのカゴはそれぞれサイズが異なります。

大・中・小と必要に応じて使い分けすることができます。

また、3つをピッタリと重ねられるので収納場所もそれほど必要ありません。

購入する際の注意点といえば、やはり鍋のサイズを確認すること。

3つを同時に使う予定の場合には、直径18cmに深さが8cm以上の大きさの鍋が必要になります。

事前に鍋が対応サイズかどうかは確認しておきましょう。

※商品名 Joseph Joseph ネストスチーム

セット内容 スチーマー3個(小、中、大)
サイズ スチーマー大:幅15.6×奥行13.3×高さ7.2cm
スチーマー中:幅12.4×奥行12.5×高さ7.4cm
スチーマー小:約幅9×奥行11.6×高さ7.7cm
材質 本体:ポリプロピレン・シリコーン
ハンドル:ステンレススチール・シリコーン
JANコード/ISBNコード 5028420400830

ネストスチームの口コミ・評判。

普通の鍋を使って蒸し料理ができる点で便利なネストスチームですが、実際に使ってみた方の感想や評判は気になります。

良い口コミ。

パスタを茹でるのと当時にパスタに和える野菜などを茹でられます。1つの鍋で済むし時間短縮になります。効率がよく働くママさんなどにお勧めです。
鍋の縁にかけて使えるのでとても使いやすいです。シュウマイや、肉まんを蒸す際に使っていますがとても便利です。
ポテトサラダを作る際などに便利です。ジャガイモ、人参、卵を別々にして蒸しています。重宝しています。

購入して満足した方は、普通の鍋を蒸し器として使えることにやはり大きなメリットを感じているようです。

また、調理時間の異なる3つの食材を調理する際でも鍋1つで済ませられる点も評価が高いようです。

イマイチな口コミ。

それぞれのサイズが予想していたより小さかったです。
うちのお鍋にはフィットしませんでした。一石二鳥だと思い買ったけど残念でした。

購入したけれど満足できなかった方もいらっしゃるようです。

理由として多かったのがサイズの不一致。使う予定の鍋に合わなかったという口コミが見られました。

やはり、この辺は購入前に使う予定の鍋のサイズに合うかどうかは念の為に確認しておきましょう。

フライパンや鍋を蒸し器として使うグッズ まとめ。

お家にあるフライパンや鍋を蒸し器として使うためのグッズを3つご紹介しました。

1つ目のフライパンにのせて簡単蒸しプレートは、平面プレートと蓋のセット。

ドーム型の蓋がついていることが特徴で、厚みのないフライパンでも蒸し料理ができます。

ただ、蓋がドーム形状なのでその分収納スペースは必要になります。

蒸し器本体が増えない分、収納場所を取らない点でメリットのある商品です。

2つ目の万能蒸し器むしーなは、平面プレート単体の商品。

普通の鍋を蒸し器代わりに使えるほか、台を外せば落し蓋としても使えます。煮物などをよく作られる方におすすめです。

3つ目のネストスチームは、鍋の縁に掛けて使うタイプ。

3つのカゴのサイズも大・中・小それぞれ異なるため、1つの鍋で調理時間の違う食材を蒸したり茹でたりすることができます。

イギリスの人気キッチンブランドの商品でもあり、見た目がかわいいのも特徴の一つです。

それぞれの商品に細かいメリットやデメリットがありますが、蒸し器本体を買わずに済むこと共通です。

蒸し器本体を購入することなく蒸し料理がしたい、そういう方におすすめの3つの蒸し料理のためのグッズです。