PAVLOK SHOCK CLOCK

電気ショックで起こしてくれる目覚まし時計。

朝が弱く、なかなか起きられない方にとって、どういった目覚ましを使うかは、悩みどころです。

スマホや携帯、目覚まし時計の、音やバイブ機能程度では、直ぐに停止させてしまうか、人によっては全く気がつかないという方も多いはずです。

そこで今回は、電気ショックを使った目覚まし時計をご紹介します。痛みを感じるほどの電流が流れるため、ちょっとやそっとでは起きない方にも効き目のある目覚まし時計です。

リストバンドから流れる電気ショック、目覚まし時計の最終兵器「PAVLOK SHOCK CLOCK」。

寝る前に手首に装着しておけば、設定した時刻になると、振動・音・電気ショックの3つのアラームで起こしてくれるというのが、PAVLOK SHOCK CLOCK、という商品。アメリカで開発され、現在世界各国で人気になっています。

電気ショックの刺激量は、全100%を10%刻みで調整できる仕様。設定具合によっては、多少の痛みを感じるほどなので、目覚まし効果も抜群というわけです。

PAVLOK SHOCK CLOCK、のおすすめポイントは、
・設定時刻に起きないと、電気ショックが流れること。
・電気ショックは、痛みを感じるほどで、目覚まし効果があること。
・電気ショックの量を調整できること。
・ネットワーク機能を使えば、遠隔操作が可能なこと。

ただ、このPAVLOK SHOCK CLOCK、電気ショックが流れるといっても、最初から電流が流れるわけではないのがポイントといったところ。

まずは、振動(バイブレーション)、次に音によるアラーム。それでも、起きない場合に、最終的に電気ショックが流れるという仕様。

なので、電気ショックが流れて痛みを感じる前に、振動か音できちんと起きる、というのが理想的な使い方といえそうです。

時刻や電流の量などは、無料アプリをインストールしたスマホなどを使って行う仕様。

面白いのは、ネットワーク機能で遠隔操作ができるようになっていること。

例えば、禁煙中にタバコに手をつけたら、近くにいる友達に電流を流してもらう、といったこともできるようになっており、悪い習慣を断ち切る手段としても使えます。

近年では、一般的な目覚ましでは起きられない方のために、様々な製品が販売されています。

大音量を使うもの、目覚まし時計が激しく動き回るもの、強い光を発するもの。

いずれも、効果がなかったという方にとって、電気ショックで起こしてくれる、PAVLOK SHOCK CLOCKは最終兵器になってくれそうです。

※商品名 PAVLOK SHOCK CLOCK
・カラー ブラック、グレー、ピンクなど

人気の記事

  1. 通電火災予防グッズ スイッチ断ボール
  2. 個人の車の貸し借りができる、新しい形のカーシェアサービス。
  3. スーツケースのレンタル
  4. 気になる汗染み、対策するならフレッシュマックスシャツ。
  5. ランニングしたら無料スマホアプリ「 Nike+ Running」などで記録しよう!

アーカイブ

PAGE TOP