早食いは太る!早食いを防止するための箸、ダイエット中に使う箸としておすすめです。

痩せ箸(やせばし) STYMP60(エステック)

食事の際、ゆっくり食べたいと思っているけれど、ついつい早食いになってしまうのが悩みです。何とか早食いを止める方法はないでしょうか?

この悩みを解決する商品をご紹介します。

昔から早食いをすると太ると言われています。よく噛んでゆっくりと食べることがダイエットの近道です。

ですが、普段から早食い傾向にある方は意識していてもなかなかゆっくり食べることができません。

そこでこのページでは、早食いを防止するための箸をご紹介しています。

これを使えば、貴方も意志とは関係なく物理的に早食いが防止できるようになりますよ。

早食い防止のための箸 痩せ箸。

早食いを止めたいときにおススメなのが、痩せ箸(やせばし)という商品。エステックから発売されています。

痩せ箸は、箸の先端部分にエラストマーという柔らかい素材を使っていることが特徴。

箸の先端が少し硬めのゴムのようになっています。

普通の箸に比べて、運びにくい、切りにくい、掴みにくい。3拍子揃っています。

はっきり言ってしまえば、箸としては使いにくい仕様。ですが、これが早食い防止に役立つというわけです。

箸の先端が柔らかいので、例えばハンバーグも切りにくい。

ようやく一口サイズに切ったところで、今度は挟みにくい。

箸にやっと挟めたところで、口に運びにくい。とにかくすべてに時間が掛かります。

物理的に早食いが防止できるというわけです。

痩せ箸のおすすめポイント。

  • 早食いが止められること。
  • 食べ物が挟みづらいこと。
  • ユニークなアイデア商品であること。

早食いが問題なのは、満腹中枢が働く前にお腹一杯に食べてしまうことにあります。

脳がお腹一杯と感じる前に無理にお腹に食べ物が入ってしまいます。満腹中枢が働かないわけです。

ところが、痩せ箸を使うことで、通常の箸を使うよりも食事に掛かる時間が大幅に増えるわけです。

1度に口に入れる量が少なくなり、強制的にゆっくりと食事することになります。

当然、満腹中枢もしっかり働くため、早食い防止はもちろん食事の量も減らせるというわけです。

余談ですが、使用する際にはイライラしないように注意しましょう。

通常の箸に比べて、箸本来の機能としては使いにくいです。

これまで普通に使えていた箸が使いにくくなります。イライラして周囲の人に八つ当たりしないように注意しましょう。

※商品名 痩せ箸(やせばし) STYMP60(エステック)

サイズ 長さ:220mm/天板:8.6×8.6mm
重量 14g
材質 持ち手:ABS(白)/先端部分:エラストマー(桃)
仕様 男女兼用
生産 日本
JANコード/ISBNコード 4573134830028

痩せ箸の口コミ・評判は?

早食いを防止に役立つ痩せ箸ですが、実際に使ってみた方の感想や評価は気になるところです。

良い口コミ。

痩せ箸を使うようになってから痩せたようです。TVで紹介されていたのを見て購入しましたが正解でした。
使ってみると本当に食べるペースが変わりました!ゆっくり食べられるので満腹感が出ます。食べる量が以前よりも少なくなりました!無理に食事制限をしている感じがしないので続けられそうです。
実際に掴みにくいです!早食いしないように意識できる点もいいと思います。
確かに先の方がゴム製で柔らかく食べるのに時間が掛ります。でも、私はマナー違反ですが刺し箸をしてしまいました。
重めの食べ物は時間がかかって食べにくいです。食事時間が長くなりました。

購入して良かった方は、やはり食べ物がつかみにくく食事に時間が掛かるようになったことに満足しておられるようです。

中には実際に体重が減った方もいらっしゃるようです。

イマイチな口コミ。

サラダなど軽いものでは普通の箸と同じようにつかめてしまい効果がありません。
使っていくうちに面倒くさくなり刺して食べるようになってしまいました。
熱々のうどんを食べたら先端が反って曲がったままになってしまいました。

購入したけれど満足できなかった方の理由として多かったのは、サラダ類など軽いものは普通につかめてしまうことでした。

また、使っているうちに面倒になって差し箸をしてしまう方もいらっしゃいました。

この辺は継続は力なりではないですが、忍耐強く使う必要があるかもしれません。

また、熱々のものに使ったら先端が反ってしまったという方もいらっしゃいました。

メーカーで設定している耐熱温度は90℃です。通常の箸と比べて高温には不向きです。使う際にはその点に注意しましょう。

早食い防止のための箸 痩せ箸まとめ。

先端が柔らかくつかみにくく、早食い防止ができる痩せ箸(やせばし)をご紹介しました。

ダイエットのために早食いを止めたいと思っても、そこは人間です。

食事を目の前にするとなかなか早食いを止めることはできません。

であれば、物理的に早食いを止められるようにしよう。そういう経緯で開発されたのが痩せ箸です。

食べ物がとにかくつかみづらい仕様で、食事に時間が掛かるようになります。

また、痩せ箸を毎回手にすることで早食いを止めようという自分への意識づけにもなります。

痩せ箸、早食いを止めたい方におすすめの箸です。