セパレートランチボックス(小森樹脂)

電子レンジが使えるお弁当箱、しかも、フタをしたままでOKなので、汁やニオイが飛び散りません。

昼食に手作りのお弁当を持参していると、食べる際には電子レンジで温めて食べたいものです。特に、気温の低い今の季節であればなおさらです。

とはいえ、一般的なお弁当箱は電子レンジが使えないもの、電子レンジ未対応のものが多く、また、電子レンジが使えるにしても、フタを外す必要があるものが多いようです。

お弁当箱のフタを外して電子レンジを使うとなると、においが電子レンジ庫内にこもったり、また汁や水分が飛び散ってしまうことがあります。

そこで今回は、フタをしたまま電子レンジが使えるお弁当箱をご紹介します。

これを使えば、フタをしたまま電子レンジを使うことができ、温かいお弁当が食べられるようになります。

さらに、フタがドーム型になっていたり、中皿を上手く利用することで、2段のお弁当も作れるようになります。

フタをしたまま電子レンジが使えるお弁当箱「セパレートランチボックス」。

お弁当を温める際、フタについている両サイドのレバーを上に上げるだけで、そのまま電子レンジが使えるというお弁当箱が、セパレートランチボックス、という商品。小森樹脂から発売されています。

このセパレートランチボックスは、電子レンジを使う際にフタを完全に開けておく必要がありません。

そのため、汁が飛び散ったり、ニオイが充満したりすることがなく、共有電子レンジを使う際に便利なお弁当箱です。

また、お弁当箱のフタがドーム型に盛り上がっており、フタの下に多少のスペースができるのも特徴の一つ。

一般的なタッパー式のお弁当箱のように、びっちりフタをせずに済むので、お弁当の盛り付けが崩れることもありません。

セパレートランチボックス、のおすすめポイントは、
・フタをしたまま、電子レンジが使えること。
・フタや中ブタがドーム型なので、お弁当の盛り付けが崩れないこと。
・1段弁当でも、2段弁当でも使えること。
・食洗機に対応していること。
・実勢価格が1,500円程度と、手頃な価格であること。

お弁当は1段でも、中皿を上手く利用すれば、2段でも、どちらでも使えるのも便利。

このセパレートランチボックスの最大の特徴が、商品名にセパレートとある通り、中皿がついており、1段弁当でも2段弁当でも使えること。

しかも、中皿にもフタがついており、しかもドーム型。野菜やフルーツなどを入れておけば、そこだけを外して電子レンジに入れることもできます。

さらに夏場には、中皿に保冷剤を入れておいて、保冷効果を持たせるといった使い方もできるようになっています。

本体内側や中皿外側底部分は、エンボス加工が施されており、ごはんがくっつきにくいようになっているのも、嬉しい配所です。

容量は、1段ランチで560ml~670ml、2段ランチで本体が340ml、中皿160mlほど。フタがドーム型になっている分、見た目よりも多く入ります。

お弁当箱も様々な種類が発売されていますが、電子レンジが使えたり、1段でも2段でも使えたりと、便利なセパレート、使ってみる価値は大いにありそうです。

※商品名 セパレートランチボックス(小森樹脂)
・サイズ 177×100×H75mm
・容量 本体:560ml/中皿:160ml
・カラー 4種類(ピンク、グリーン、イエロー、ブラック)
・材質 フタ・本体・中フタ・中皿・レバー・仕切り:ポリプロピレン/パッキン:シリコーンゴム
・生産 日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  1. 防犯アラーム にぎり(ELPA・朝日電器)
  2. ピザ窯 チムニー(武田コーポレーション)
  3. ミッフィー ガーゼハンカチ金封(マルアイ)
  4. ブラジリアン ワックス
  5. 電動歯ブラシの充電時間がわずか2分、忙しい方にもおすすめできる電動歯ブラシ。

アーカイブ

PAGE TOP