セーフ・トゥ・タッチ 1.0 L(ティファール)

電気ケトルのおすすめはコレ、外側が熱くならない安全仕様のタイプ。

ちょっとお湯を沸かしたいときに便利なのが、電気ケトルです。

スイッチを入れると、僅かな時間で素早く沸騰する上、従来のようなポットに比べても、電気代も安く済みます。

この電気ケトル、手軽にお湯が沸かせる反面、注意すべきは、その取り扱いです。

お湯を沸騰させることで、当然ながら外側が非常に熱くなるため、小さなお子さんやご年配の方がいらっしゃるご家庭では少々心配でもあります。

そこで今回は、外側が熱くならない工夫がなされた電気ケトルをご紹介します。電気ケトルの弱点でもあった「外側が熱くなること」を克服した商品です。

安全に配慮された電気ケトル、本体が2重構造になっており、外側が熱くなりません。

電気ケトルは、スイッチ一つで、しかも短時間でお湯を沸かせるので確かに便利です。

反面、沸騰したての電気ケトルは、外側が熱くなっており、使い方や使う人によっては少々危険が伴います。

この電気ケトルの危険という側面を、本体の構造に工夫を施することで回避したのが、セーフ・トゥ・タッチ 1.0L、という電気ケトル。ティファールから発売されています。安全面に配慮された電子ケトルといえる商品です。

セーフ・トゥ・タッチ 1.0 L、のおすすめポイントは、
・外側が熱くならず、安全に使えること。
・一度沸騰させると、30分の保温効果があること。
・内部をしっかり洗えること。
・デザインがおしゃれであること。

二重構造なので、外側が熱くならないばかりか、保温効果も抜群です。

この電気ケトル、セーフ・トゥ・タッチの外側が熱くならないのは、本体を2重構造にしていることが理由です。

一般的な電気ケトルの場合、本体の構造しては1層が普通。そのため、中の沸騰したお湯の温度がダイレクトに側面に伝わってしまいます。それを、2重構造にすることで、温度が側面に伝わりづらくしています。

また、2重構造にしていることで、この電気ケトルには保温効果があることも使いやすい点です。

沸騰後にスイッチが切れて、電気が通っていなくても、保温状態が保たれます。
その効果は、30分経過後でも約80℃に保たれているほどで、コーヒーをもう一杯などというときでも、沸かし直す必要がありません。

本体内部は、継ぎ目がない作りで、中に丸々スポンジを入れられるので、手入れも簡単です。

一昔前の電気ポットに比べて、必要なときに必要な分のお湯を瞬時沸かせるという意味で便利な電気ケトル。安全面に配慮されたものを選ぶなら、ティファールの、セーフ・トゥ・タッチ、おすすめです。

※商品名 セーフ・トゥ・タッチ 1.0L(ティファール)
・サイズ 幅230mm×奥行160mm×高さ220mm
・重量 906g(本体のみ)
・定格消費電力 1250W 100V 50-60Hz
・容量1.0 L
・カラー 2種類(ホワイト、ブラック)
・品番 ブラック:KO2618JP/ホワイト:KO2611JP 
・JANコード/ISBNコード 3045386379019 ほか

人気の記事

  1. タテヨコ・ハンドル ピッチャー
  2. リバーシLEDライト(2個組) ALT-L02
  3. 簡単さが人気のダニ対策 Getダニ捕獲シート
  4. ダニシートなら置くだけでダニ対策ができます。
  5. レイエ ムダなくまぶせる粉ふるい LS1534(オークス)

アーカイブ

PAGE TOP