ダニシート 布団に置くなら足元。

ダニシート、布団に置くなら足元?

ダニ駆除の手段として人気のダニシート。布団に置くなら足元がおすすめです。

ダニを駆除する手段として人気なのが、シート状で気になる所に置くだけのダニシート。その多くはダニの好む香りやエサをシートに仕掛けておき、おびき寄せて捕獲する、というもの。

ダニ駆除の手段といえば、掃除機を掛けたり、最近では布団クリーナーなど手軽に使えるものも人気になっていますが、日々忙しく生活している中で、こまめに、かつ丹念に掃除機掛けすることも難しいものです。

そういった意味でダニシートは、置くだけという手軽さや手間をかけずにダニを駆除できることが人気の理由です。

で、このダニシート、どこに置けばよいのか?というのが気になります。

家中で一番ダニが発生しやすいのが、やはり布団やベッドの寝具周辺。寝ている間に人間が発する汗はダニにとって絶好の生育環境を生み出し、また、自然と体から落ちる皮脂、フケがエサとなり、さらに、一度発生したダニはもの凄い勢いで繁殖するので注意が必要。

ベッド・布団に置くならば足元がおすすめです。

というのも、ダニシートはダニをおびき寄せる物質として食品添加物や香料などを微量ながら使用しているものが多く、枕元などの顔に近い部分に置くと微かにそれらの甘い香りを感じることがあります。

もちろん、それが気にならない、という方は枕元などに置いても全く問題ありませんが、余計な香りが睡眠の妨げになるという方は足元に置いてください。

枕元に置く場合と足元に置く場合の効果の違いについては、さほどありません。弊社取り扱いの「Getダニ捕獲シート」についていえば、シート1枚分で2~3畳分の面積をカバーするので差異はさほどありません。

GETダニ捕獲シート

このほか、湿度の高い場所、食べ物のカスがあるところ、暗く温かい所などがシートの置き場所です。

布団やベッドなどの寝具周りは多くの方が対策を立てられていますが、このほか、押し入れやクローゼット、カーペットの下、ソファー周辺はダニが非常に発生しやすい場所。

また、冬場になれば加湿器周り、こたつやストーブ周辺に対策が必要になります。冬場も昔と違い、暖房器具や加湿器を使用するなど人間にとって快適な環境を作りますが、これはダニにとっても当てはまるのである程度の対策は必要です。

さらに、注意したいのが小さなお子様が遊ぶ場所や、おもちゃやぬいぐるみなどの収納場所。これは小さなお子様の汗やヨダレ、また食べ物のカスなどが非常に多い場所。

赤ちゃんや小さなお子様は、一旦ダニに刺されてしまうと、痒さに耐えきれず、絶えず痒いてしまうことでその掻き傷が悪化し治りにくかったりします。また、ダニの死骸やフンは小児アレルギーの原因ともなるので、特に早めの対策・予防策が必要です。

ダニシートなら日本製の「Get ダニ捕獲シート」がおすすめです。

ダニシートといっても様々な商品が販売されており、実際どれを選んだらよいのか、というのは非常に悩みどころ。その点、弊社取扱いの、簡単置くだけのダニ対策、Getダニ捕獲シートは、断然おすすめです。

おすすめする理由は、
●中国など海外生産品が多い中、日本製であること。
●ダニの誘引に食品添加物などを使用しており、殺虫剤など害あるものを使用していないこと。
●ダニがくっつく粘着シートも強力なシートを使用。ダニアレルギーの原因とされるフンや死骸も飛び散らないよう設計されていること。
●実際の民家での実験データなども開示していること。
●カタログ・テレビ・ラジオなど各通販で累計100万セットを販売している実績のあること。

ダニシートをお探しなら、Getダニ捕獲シート、ぜひお試しください。

※商品名 GET ダニ捕獲シート
・内容 ダニシート(日付記入シート付き)
・サイズ 約15cm×20cm
・材質 本体 : コットン100%
・誘引剤 食品添加物
・粘着剤 スフ・ゴム系粘着剤
・使用方法 カーペット、じゅうたん、ベッド、こたつなどの下に置くだけ
・使用後 もやせるゴミとして捨てられます。
・生産国 日本
※使用上のご注意
・水やお湯にはいれないでください。
・食べられません。
・洗濯はできません。
・お子様の手の届かないところに保管してください。
・使用後は家庭用ごみとして捨ててください。
・本体を切らないでください。
・お身体に触れ、異常を感じた場合は使用を中止してください。
・シーズン毎(約3ヶ月)でのお取替えをおすすめします。

GETダニ捕獲シート

人気の記事

  1. 人気の紅茶ブランドティーシェッド
  2. ポータブル スーツ ハンガー R型。
  3. 折りたたみ椅子 PATATTO パタット
  4. ボタン tic
  5. 自分でできる裾直し、裾直し用ピン。

アーカイブ

PAGE TOP