earsopen 音楽用モデル(BoCo)

長時間聴いても耳が疲れないイヤホン、骨伝導イヤホン。

通勤中、仕事中、勉強中に音楽を聞く際に使うのがイヤホンです。イヤホンというと、耳の穴にスッポリはめて使うのが、一般的です。

ところが、耳に穴にはめたままだと、時間の経過とともに、耳が疲れたり、場合によっては、耳が痛くなったりします。

それを緩和させるために、最近では自分の耳にフィットするように成形できるイヤホンなども販売されています。ただ、それでも時間が長くなればとなると、やはり多少の疲れや痛みを感じます。

そこで今回は、長時間、音楽を聞いても耳が疲れないイヤホンをご紹介します。骨伝導により音を伝えるという、これまでのイヤホンとは異なる仕組みを使っていることが特徴です。

骨を振動させて音を伝える「骨伝導型イヤホン」。耳の穴にハメないので疲れや痛みがありません。

現在主流の一般的なイヤホンと異なり、耳の穴の下から耳たぶのあたりに、クリップのようにつけて使うのが、earsopen 音楽用モデルというイヤホン。BoCoブランドから発売されています。

このearsopenは、骨伝導イヤホンと呼ばれるもので、従来のイヤホンとは音を伝える仕組みが全く異なるのが特徴。

骨に振動を与えることで、音を耳や聴覚神経に伝えるもの。耳の穴を塞ぐ必要がなく、長時間の使用でも、耳に疲れや痛みを感じさせません。

earsopen 音楽用モデル、のおすすめポイントは、
・長時間装着しても、耳に疲れや痛みを感じないこと。
・イヤホンをしてても周囲の音が聞こえること。
・鼓膜に負担がかからないこと。
・スマホで、ハンズフリーで通話ができること。

earsopenが採用している骨を通じて音を伝える仕組みは、言い換えれば、従来のイヤホンのように鼓膜に負担が掛らないことにもなります。

直接感じる、耳の疲れや痛みのほかにも、鼓膜に負担が掛からないというのは、大きなメリットともいえます。

また、耳の穴を塞ぐことがないので、当然周囲の音も聞こえます。

近年、歩行中や自転車乗車中にイヤホンをすることの危険性がさまざまなところで叫ばれていますが、そういった危険性も回避できることになります。

もちろん、音だけを集中して耳に入れたい場合などには不向きですが、耳や鼓膜への負担や危険を回避できることには、大きな意味があるといえます。

また、音楽を聞く以外にも、iPhoneやスマホとつなぐことで、内蔵マイクを使ってハンズフリーで会話ができる機能などもついています。

これまでの仕組みと全く異なる、骨伝導型のイヤホン。耳が疲れないイヤホン、耳に痛みを感じないイヤホンとして、注目の商品といえそうです。

※商品名 earsopen 音楽用モデル(BoCo)
・用途 骨伝導イヤホン 音楽用
・サイズ 33×15×18mm(コード含まず)
・接続方法 ステレオミニプラグ
・カラー 2種類(ブラック、ホワイト)
・材質 ABS、シリコン、エラストマー
・デバイス 外径10mm
・インピーダンス(デバイス) 8Ω
・再生周波数(デバイス) 4Hz~40,000Hz
・防塵防滴機能 生活防水
・重量 約10g(コード含まず)
・マイク 通話用:無指向性
・同梱品 保証書・取り扱い説明書、簡単操作ガイド、キャリングポーチ、イヤーピース(3種×2)、クリップパッド(2種×2)
・型番 WR-3 CL-1001
・JANコード/ISBNコード 4589789170051 ほか

人気の記事

  1. ウインブルドン2014年公式タオル、好評発売中。
  2. ボタン 応急処置
  3. プラフレンドで箸置きを作ってみました。
  4. 薄手のコートがバッグにかけられる!
  5. 自然派ノンシリコンシャンプー。

アーカイブ

PAGE TOP