ONECOFFEE ポータブルコーヒーメーカー(ドウシシャ)

アウトドア用のコーヒーメーカー、乾電池式なので屋外で使えます。

まもなく本格的な春を迎えます。待ちに待ったアウトドアの季節の到来です。

山や川など、空気のよい所、景色のよい所に出掛けて、コーヒーを飲む。アウトドア派の方にとっては、至福のひとときです。

ただ、こういった際でも、予め水筒に入れて持参したコーヒーもよいですが、できれば、できれば淹れたての、香り立つコーヒーを飲みたいものです。

そこで今回は、乾電池式のコーヒーメーカーをご紹介します。乾電池で動くことに加え、携帯性に優れたコンパクトサイズ、まさに、アウトドア用のコーヒーメーカーといえます。

屋外で入れたてのコーヒーが楽しめる、アウトドア用のコーヒーメーカー「ONECOFFEE ポータブルコーヒーメーカー」。

直径7.6cmに、高さが21cm。パッと見は、一般的な水筒やボトルのように見えるながら、実はコーヒーメーカーというのが、ONECOFFEE ポータブルコーヒーメーカー、という商品。ドウシシャから発売されています。

従来のコーヒーメーカーは、電気コンセントにつないで使うものが多い中、このコーヒーメーカーは、乾電池で動くタイプ。

本体は450gと軽量、サイズもコンパクトで、携帯性にも優れた作り。アウトドア用のコーヒーメーカーといったところで、屋外でも、入れたてのコーヒーが楽しめるという、わけです。

ONECOFFEE ポータブルコーヒーメーカー、のおすすめポイントは、
・コーヒーメーカーでありながら、乾電池式であること。
・コンパクトかつ軽量で、携帯性に優れていること。
・粉とカプセルコーヒーが使えること。
・容量が150mlと、手頃なサイズであること。
・操作が簡単なこと。

対応しているコーヒーは、一般的なコーヒーの粉と、K-CUPという今流行りのカプセル型のコーヒー粉。

使い方も簡単。所定の場所にコーヒーをセットしてお湯を注ぎ、数十秒間、ムラしたら、後は、ボタンを押すだけ。簡単な操作で、150mlのコーヒーが抽出できるようになっています。

使用する乾電池は、単4型の乾電池が2個。アウトドアで使う場合には、電気を使わずに済むという便利な反面、乾電池を忘れると、全く使えないので、その点にはくれぐれもご注意を。

使い終わったら、当然ながら手入れが必要になります。ですがその点、このコーヒーメーカーは、7個のパーツに細かく分けることができるので、各パーツごとにしっかりと洗えるのも特徴です。

美しい景色を見ながら、綺麗な空気の元で、淹れたてのコーヒーが楽しめる、アウトドア用のコーヒーメーカー「ONECOFFEE ポータブルコーヒーメーカー」、おすすめです。

※商品名 ONECOFFEE ポータブルコーヒーメーカー(ドウシシャ)
・サイズ 直径76×210mm
・重量 450g
・容量 150ml
・耐熱温度 本体以外:100℃
・仕様電池 単4形アルカリ乾電池×2個(別売)
・品番 DPCM-18BK
・JANコード/ISBNコード 4550084177724

人気の記事

  1. 小さなお子様とプールや海に行くときの必需品。
  2. 保湿クリーム おすすめ
  3. ticがESSE(エッセ)で紹介されました
  4. PORTABLE SUIT HANGER
  5. シューズドクターN ブラック(セメダイン)

アーカイブ

PAGE TOP