memobottle A5版(メモボトル)

四角い、本のような水筒、カバンに入れても邪魔になりません。

仕事場など、外出先で飲むために、飲み物を持参するためにあるのが水筒です。

水筒といえば、一般的に円柱形をしたボトルタイプのものがほとんどです。

ですが、円柱形の水筒をビジネスバックやカバンに入れるとなると、スリムなカバンが膨らんでしまったり、思いのほか邪魔になります。

そこで今回は、ノートのような形状のユニークな水筒をご紹介します。書籍やノートのように入れることができるので、ビジネスカバンなどに入れる水筒として最適です。

本のような形の水筒、カバンに入れても邪魔になりません。

A5用紙とほぼ同じサイズで、厚みは約3cmという、四角く、本やノートのような形をした水筒が、memobottle(メモボトル)

元々オーストラリアで開発された水筒で、世界70ヶ国以上で販売されていますが、最近、日本でも購入できるようになりました。

本や厚めのノート、ノートPCなどと同じような感覚でカバンに入れられるので、かさ張ることもなく、もちろん、スリムなカバンが不自然に膨らむことがありません。

メモボトル、のおすすめポイントは、
・カバンに入れても邪魔にならないこと。
・見た目もスタイリッシュで、オシャレなデザインであること。
・BPAフリーのプラスチックを使用していること。

見た目も、シンプルかつスタイリッシュなデザインで、野暮ったさが全くありません。

容量は750mlと、見た目よりも多目に入るイメージ。ボトル自体も透明なので、中身の残量も一目瞭然です。

使い捨てを止めよう、という発想で作られた水筒。

このメモボトルは、オーストラリアで生まれたものですが、商品化のきっかけは、使い捨てのペットボトルがもったいないということ。

例えば、現在アメリカでは毎秒1,500本ものペットボトルが捨てられているとの統計があるほど、ペットボトルの使用量は莫大ともいえる量になっています。

各々が水筒を持ち歩けば、その量を少しでも減らせる。そのためには、持ちやすく、オシャレな水筒が必要ということでメモボトルが作られています。

本体素材となっているプラスチックは、ビスフェノールAという化学物質を使用していないものを使用。いわゆる、BPAフリーとされているもので、お子様でももちろん使えるほどの安全性も担保されています。

中身として入れられるのは、水だけと、水専用ボトルではありますが、カバンに入れても邪魔にならず、見た目もオシャレならば、使わない手はなさそうです。

※商品名 memobottle A5版(メモボトル)
・サイズ W243×D30×H148mm
・容量 750ml
・カラー:クリア
・付属品 キャップ2個(ホワイト、ブラック各1個)
・耐性 耐熱温度:70度/耐冷温度:-40度
・素材 本体:ポリエチレンテレフタレート/蓋:ポリプロピレン/パッキン:シリコーン
・デザイン オーストラリア
・生産国 台湾
・備考 A5サイズのほか、A6サイズもあり。

人気の記事

  1. チルチューブ
  2. ボトル電気ケトル Z60(SEIWA)
  3. 小さなお子様とプールや海に行くときの必需品。
  4. ファンプレゼ モイストクリーム、保湿クリーム
  5. 狭い場所にも設置可能、はしご型つっぱりランドリーラック ラダー

アーカイブ

PAGE TOP