四角い水筒、スリムで薄い水筒なのでカバンに入れても邪魔になりません。

memobottle A5版(メモボトル)

四角くて薄い本のような水筒があれば、バッグやカバンに入れる際に場所を取らず邪魔になりません。

一般的な丸い円柱形の水筒だと、カバンが膨らんでしまったりして不恰好になることがあります。

このページでは、薄型の四角い水筒をご紹介しています。まるで少し厚みのある本のような形の水筒です。

これを使えば、一般的な円柱型の水筒と違ってカバンに収納しやすくなります。スタイリッシュなデザインも魅力的な水筒です。

四角い水筒、軽量でスリムなmemobottle(メモボトル)。

大きさはA5用紙とほぼ同じ、厚みは約3cmという四角い水筒がmemobottle(メモボトル)という商品。

memobottle(メモボトル)は、元々オーストラリアで開発されたユニークな水筒。現在では日本をはじめ、世界70ヶ国以上で販売されるようになっています。

厚みが3cmなので、少し厚めの本ような感覚。ビジネスカバンの中に本のように入れて持ち運ぶことができます。

一般的な水筒やボトルは、ほぼ円柱形です。

カバンやバッグに円柱形の水筒を入れると、カバンが不恰好に膨らんでしまったりします。

もちろんそれなりの収納スペースも必要です。

その点、memobottle(メモボトル)であれば、本や書類のように入れておくことができるので、こういった不便からは解消されます。

memobottle(メモボトル)のおすすめポイント。

  • 四角い水筒で、スリムで軽量なこと。
  • カバンに入れても邪魔にならないこと。
  • 見た目もスタイリッシュで、オシャレなデザインであること。
  • BPAフリーのプラスチックを使用していること。
  • 食洗機にも対応していること。
  • 水筒ごと冷凍できること。

memobottle(メモボトル)の容量は最大で750ml。見た目よりも多目に入るイメージ。

見た目も、シンプルかつスタイリッシュなデザインで、野暮ったさが全くありません。

ボトル自体が透明であることで、水筒の残りの量も一目で分かるのも便利といえます。

食洗機対応なので、洗う際の手間が省けます。

また、BPAフリーのプラスチックを素材に使っており安全面にも配慮。子供達でも安心して使えます。

※商品名 memobottle A5版(メモボトル)

サイズ W243×D30×H148mm
容量 750ml
カラー クリア
付属品 キャップ2個(ホワイト、ブラック各1個)
耐熱温度 50度
素材 本体:ポリエチレンテレフタレート/蓋:ポリプロピレン/パッキン:シリコーン
デザイン オーストラリア
生産 台湾
備考 他のサイズもあり。

memobottle(メモボトル)、購入前に知っておきたいこと。

薄型でスリムな四角い水筒のmemobottle(メモボトル)ですが、購入する前に知っておいた方がよいことが数点あります。

まず、耐熱温度が50℃であること。熱い飲み物を入れることはできません。

冷たい飲み物か常温、もしくは温めの飲み物専用になります。

また、中を洗うのが少々難しいこと。

飲み口の広い円柱形の水筒と違って、memobottle(メモボトル)は中が少々洗いにくいことは否めません。

細長いスポンジブラシを使うか、洗剤を入れてシャカシャカ振るかなど、洗う際に少し工夫が必要です。

この点、、四角くてスリムで軽量。スタイリッシュでおしゃれという、memobottle(メモボトル)のメリットと比較してみると良いかもしれません。

水筒の選び方の一つ、メーカーの想い。

ペットボトルの廃棄量を減らしたい。これがmemobottle(メモボトル)の商品化のきっかけになっています。

アメリカでは毎秒1,500本ものペットボトルが捨てられているという統計があるほど。ペットボトルの廃棄量は莫大です。

各々が水筒を持ち歩けば、ペットボトルの廃棄量を少しでも減らせる。

そのためには、持ちやすくてオシャレな水筒が必要だろう。そういう視点でmemobottle(メモボトル)が作られたわけです。

素材に使用されているプラスチックは、ビスフェノールAという化学物質を使用していないもの。

いわゆるBPAフリーとされているもので、子供達でも安心して使えます。

これらのメーカーの商品化への想いも水筒を選び方の一つとして考慮してもよいかもしれません。

まとめ。

四角い水筒、memobottle(メモボトル)をご紹介してきました。

薄型で軽量であることで、カバンに入れても邪魔になりにくい。

透明でスタイリッシュなデザインで、見た目もオシャレ。

たしかに、水筒自体の機能としては不足する面も否めません。

ですが、これまで水筒とは全く別物のユニークな四角い水筒。使ってみたくなる水筒であることは間違いありません。